トップ > 補聴器 > 補聴器の種類


補聴器の種類



CIC(耳あな形)


CICは、「Completely in the Canal (完全に耳穴に入る)」の略。
極小サイズなので外から見えにくく、電話、帽子などの使用時にオススメです。
また、聞こえがより自然になり、風切りの音や装用時の違和感も軽減することができます。


カナル(耳あな形)


種類も豊富で適応範囲の広いタイプ。
小さくあまり目立たず、安定感もありCICより操作しやすいのが特徴です。


耳かけ形


広範囲の聴力レベルに適応しており、操作がしやすいうえに、種類が豊富です。
ケースカラーも取り揃えていますので、独自の補聴器をアレンジすることができます。


ハイパワー耳かけ形


ハイパワーの補聴器なので、高度や重度難聴の方にも適応しています。
ケースカラーも取り揃えていますので多彩なアレンジを楽しめます。


オープンフィット耳かけ形


従来の補聴器と違い、耳穴を塞がずに付けることができるため、閉塞感がまったくありません。
自分の声もすっきりと自然に聞こえ、まるで補聴器をつけていないかのような快適さです。