トップ > 荒木のこだわり > こだわりの社会貢献


こだわりの社会貢献


中古メガネでできる国際ボランティア


「度数が合わなくなってしまった。」「もう古くなったので使っていない。」
そういった理由でご不要になったメガネを「めがねの荒木」では下取りとしてお預かりしています。
そうして集まったたくさんのメガネ。実は、ただ処分するというわけではありません。
世界にはメガネを必要としていても高額すぎて買えないという方がたくさんいらっしゃいます。
そこで私たちは、お客様からお預かりしたメガネの状態や度数を1つ1つチェックし、まだ使えるものを綺麗にクリーニングして、メガネを必要としている発展途上国に寄付する取り組みを行っています。
こうして一度お客様のもとで役目を終えたメガネも、遠く離れた国で再び人々に明るい視生活を提供するため活躍できるのです。
そのためメガネをお持ちいただいたお客様には、単なる下取りではなく「寄付してくれてありがとう」という感謝の意味を込めて、ささやかですが当店でご利用いただける「メガネお仕立券1,000円分」をお渡ししております。
メガネの寄贈実績 2001年~2015年3月 859本


盲導犬育成募金に協力しています


目の見えない人・見えにくい人が行きたいときに行きたい場所へ出かけられるように、安全に歩くためのお手伝いをする盲導犬。
日本には、盲導犬を必要としている方がたくさんいますが、現状、盲導犬の数は非常に少なく需要に対して育成が追いついていない状態です。
その原因の一つは、育成にかかる費用。
盲導犬の育成費は主に募金や寄付によってまかなわれていますが、一頭の盲導犬を育てるには多額の費用がかかります。
そこで「めがねの荒木」では全店に日本盲導犬協会の募金箱を設置しております。
そうして集められた皆様の善意が盲導犬を必要としている方の笑顔に繋がっています。
盲導犬育成募金 2006年~2015年3月 累計17,252,287円


朝のゴミゼロ運動


「当たり前のことを当たり前にする」というのが私たちのこだわりです。
例えば「掃除」もその一つ。
お客様をおもてなしするために、まずは徹底して店を綺麗にすること。
当たり前のことですがとても大切なことです。
さらに私たちは、店内だけにとどまらずいつもお世話になっている地域の方々への感謝の気持ちを込めて、店舗周辺の清掃活動を行っております。
地域の方々が少しでも気持ち良く生活していただけるように、そして、綺麗になった町を見てゴミを捨てる人が少しでも少なくなるように。
それが「めがねの荒木」の想いです。