トップ > 荒木のこだわり > 加工 > 歪みチェック


歪みチェック


最終的に仕上がりはお店でおこないます。
工場から送られてきた丸のままのレンズを削り、フレームに組み合わせて一本のメガネにすることを、加工と言います。
機械で削ったレンズをフレームにはめ込んでおしまいというメガネ店が多い中、私たちはそこに一手間二手間加えることにこだわりをもっています。


例えば、機械で削ったレンズを更に手で微調整すること。
プラスチックレンズは収縮し易いもの。もしレンズが大きくても、入れられないことはありません。
しかし、そのような作り方をしたメガネは、将来フレームの負担が蓄積し壊れてしまう可能性が高いのです。



このように、歪みを見る機械を通せばレンズの大きさを確かめることができます。
この歪みをなくために、ひと削りを手作業でおこないフレームとレンズの大きさを合わせます。
サイズがぴったりと合ったレンズからは、先ほどのような歪みがなくなります。それらのこだわりの有無は、メガネに大きな影響を及ぼします。
耐久性、見え具合、そして掛け具合。めがねの荒木は、一手間二手間かけるこだわりで、より質の高いメガネ作りを行っています。