めがねという商品をきちんと売れるなら、なんでもできる。

大げさではなく、めがねの荒木はそう思っています。

繊細な医療器具であり、ファッションでもあるという独特の商品性に加え、

まさに顔の一部となるめがねという商品へのこだわりは他とは比べものになりません。


機能と美しさを両立させ、ご満足いただくために、

一流の接客と技術で、徹底してお客様と向き合う。

それが私たちの導き出した答えであり、

業界も注目する販売力の理由でもあります。


人生で最高の1本を購入したと喜ぶお客様。

親子3代でお店に通っていただけるお客様——。

それは、接客にはちがいありません。

けれど、その言葉だけでは表現しきれない、大切な何かが学べる。

めがねの荒木とは、そんな場所です。

めがねという商品を
きちんと売れるなら、なんでもできる。
大げさではなく、
めがねの荒木はそう思っています。
繊細な医療器具であり、
ファッションでもあるという
独特の商品性に加え、
まさに顔の一部となるめがねという
商品へのこだわりは
他とは比べものになりません。

機能と美しさを両立させ、
ご満足いただくために、
一流の接客と技術で、
徹底してお客様と向き合う。
それが私たちの導き出した答えであり、
業界も注目する販売力の理由でもあります。

人生で最高の1本を購入したと喜ぶお客様。
親子3代でお店に
通っていただけるお客様——。
それは、接客にはちがいありません。
けれど、その言葉だけでは表現しきれない、
大切な何かが学べる。
めがねの荒木とは、そんな場所です。

私たちの事業

めがね事業
サービスクオリティ
日本一をめざして。
めがねの荒木の1店舗あたりの月間売上は、業界平均の2~3倍。量販店にはまねできない、質の高い接客と技術がお客様に支持されています。商品単価は高くなりますが、お客様満足度が高く、ひんぱんに感謝の言葉をいただけるので販売側のモチベーションも高まります。調整、フィッティング、さらには将来の買い替えと、「売って終わり」ではない長期的な信頼関係をお客様と結んでいきます。
補聴器事業
国内2社のみが実施する
販売プログラム
近年需要が高まっている補聴器。めがねの荒木の補聴器事業も、めがねで培った接客力と技術へのこだわりで、売上は右肩上がりを続けています。精密機器である補聴器はセッティングが難しいのですが、私たちは補聴器メーカーと連携し、3カ月の調整を繰り返すことで最良の聞こえを実現する「90日プログラム」を開始。これは現在、国内2社のみが実施できるもので、技術と信頼の証といえます。
私たちのこだわり
技術へのこだわり
0.1ミリの調整が感動をつくる。
フィッティング、フレーム調整、レンズ加工など、めがねの技術はとても奥深いものです。めがね店の技術品質は、お客様満足に直結します。だから「この程度でいい」という妥協はめがねの荒木に存在しません。すべての社員が販売のプロであるとともに技術のプロとして、0.1ミリの調整にこだわる。その姿勢で、難関資格である「認定眼鏡士」の合格者も多数輩出しています。
お客様満足へのこだわり
「ありがとう」があふれるお店
人生で初めてぴったりのめがねと出会えました。そんなうれしいお言葉をいただくこともたびたびあります。お客様アンケートに記された多くの感謝の言葉は、私たちの宝物であり誇りです。

「お店の方々がとても温かく、安心してお願いできます」「今までのお店で一番でした。知識も豊富で素晴らしい対応でした」「軽くてかけ心地がよく満足しています」「左右バランスよく見えるようになりました」「本当に私のことを考えて商品をすすめてくれるのだなと感動しました」「これまで通っていたお店が何だったのかと思うくらい、とても親切丁寧に説明してもらえました」「まつ毛が長くレンズに当たるため、何度もフレーム調整してもらいました。いい仕事をしているなぁと思いました」
入社の理由は?
接客の技術を身につけたかったからです。私は中途入社で、以前はめがねの量販店に勤務していましたが、お店は薄利多売でお客様に十分な対応ができませんでした。けれど、めがねの荒木はじっくりとひとりのお客様に時間をかけられる。そこに惹かれました。
入社して身についたことは?
接客、技術、仕事に向き合う姿勢。たくさんあります。量販店時代は手間がかかりすぎると妥協していた部分も、いまはこだわり抜くことができます。100点以上を目指せる環境があるのはありがたいですね。いろいろなお客様と深くかかわるので自分の人生観も広がりました。
お客様からいただいた声
検査のとき、目の病気の疑いを発見すると、お客様に病院に行くようすすめます。不安から医者には行かないという方もいらっしゃるのですが、そこは説得します。あとから「長瀬さんにあのとき言ってもらってよかった」と感謝されるとこちらもうれしくなります。
めがねの荒木のここが好き!
ノルマにとらわれず、お客様のためになると思ったらそれを突きつめられること。当社には、社長も拒否できない「フィロソフィーカード」という仕組みがあり、それを使えば本来はできないレベルの顧客サービスを、現場社員が1年に5回提供できます。お客様のためなら〝やりたい放題〟なんです、この会社(笑)。
入社の理由は?
新卒1年目です。就活では業種を絞らずいろんな説明会に行きましたが、めがねの荒木はどこよりもアットホームな雰囲気で、そこに惹かれました。社員さんの気遣いがすごくて、私自身が気遣いのできないタイプなので、こんなところで働いたら自分が変われるんじゃないかと思って入社を決めました。
入社して身についたことは?
この仕事を始める前は正直、笑顔をつくるのが苦手でした。でも、めがねの荒木はフレンドリーなお客様が多くて、笑顔の素敵な方だと私のほうも釣られて笑顔に。お客様に勉強させてもらっています(笑)。技術面も高いレベルで学ぶことができるので自信になります。
お客様からいただいた声
現場に出てすぐの頃、技術力も無く、お客様の力になれていないと落ち込んでいた時期がありました。そんな時にお客様からめがねのネジ交換を依頼されました。まだ新米でしたが、それなら自分もできると思って修理をした際、ついでに緩んでいた鼻パッドも替えてお渡ししたら、こちらがびっくりするほど感謝されました。不安な時期にお客様にがんばれと励まされた気がして、忘れられない思い出です。
めがねの荒木のここが好き!
研修がとても手厚くて、その分たいへんですが、接客スキルなどしっかり身につけられます。フィッティングや加工などの調整技術についても、現場に出た後でも、ことあるごとに先輩や社長から教わることができます。今は日々できることが増えていくのが楽しいですね。

2019年度の募集は終了しました

Copyright めがねの荒木 - All rights reserved.