トップ > ニュース&ブログ


ニュース & ブログ (全店)

追浜店のブログ衣笠店のブログ逗子店のブログAlenz イオン久里浜店のブログ


[追浜店] 2018-05-24

紫外線で色が変わる魔法のようなレンズ「調光レンズ」

こんにちは!

いきなりですが、「調光(ちょうこう)レンズ」ってご存知ですか?
意外と知っている人が少ないこのレンズですが、実は優れた機能を持った魔法のようなレンズなのです。

どういうレンズかと言いますと、
「紫外線の量によって色が濃くなったり、薄くなったり変化するレンズ」です。


例えば、こんな時ってありませんか?

サングラスを掛けて室内に入ったけど、暗くて外してしまう。

逆に外に出るときにいちいちサングラスに掛け替える。

もし、そういう事が「煩わしい!」という方にはとってもオススメです!!

紫外線を浴びると30秒ほどで少しずつ着色していき、室内に入ってから10分ほどで色が抜けていくので、
一本でサングラスとメガネの二本分の役割をしてくれます。

外ではサングラス、室内ではメガネとしてお使いいただける一石二鳥なレンズなのです。


HOYA社の調光レンズ「サンテック」を例にとってもこれだけカラーがあります。
※カラーはイメージです。気温や紫外線量などによって変化します。
  詳しく知りたい方はHOYA社のHPをご覧ください。
  



HOYA SUNTECH https://www.vc.hoya.co.jp/products/option/function_color/suntech.html


定番のグレーやブラウンだけでなく、淡いパープルやロゼまで種類はさまざま。

「サングラスはちょっと」と抵抗がある方でも、日常使い用の軽い日差しよけという理由で
淡いカラーの調光レンズをお選びいただくこともございます。
もちろん、遠近両用にも対応していますし、UVカット機能もしっかりついています。


一度使えば、便利さがわかる優れもの「調光レンズ」、店頭でもお試しいただけます。

是非、次のメガネは「調光レンズ」で作ってみてはいかがでしょうか!!


追浜店 [LENS] 2018-05-24



[衣笠店] 2018-05-04

度付きサングラス相談!

こんにちは!
めがねの荒木 衣笠店さいとうです(*^_^*)

いよいよ、夏が近づいてきました。
夏前に度付きサングラスはいかがですか。
例えば・・・

こーんなカッコいいサングラスで度付きはいかがでしょうか。
「えっ、でも他のメガネ店で断られたよ!」
そうです。このようなカーブサングラスを度付きにするときには特別な技術が必要です。
当店はその技術があります。
カーブサングラスを度付きにするときまずは視点のずれに気負つけなくてはなりません。

続いて見た目の問題

フレームのカーブと合わないと外れやすくなります。

目とレンズの距離、レンズのそり具合、前傾角度



それを総合的に判断しレンズを注文します。

ご依頼によって、遠近両用や、ミラーレンズもお受けできます。

度付きサングラスのご相談はぜひめがねの荒木 衣笠店にご依頼ください!

お待ちしてま~す。
さいとうでしたヽ(^。^)ノ


衣笠店 [LENS] 2018-05-04



[逗子店] 2018-03-29

紫外線や青色光から眼を守ろう!

こんにちは、逗子店スタッフ 岡田です。

桜も満開、すっかり春の陽気になりましたね。
花粉に悩まされている方も多いようですが・・・

今日は紫外線はもちろん、LED照明やパソコン、スマホから発せられるブルーライトから眼を守ってくれるレンズコーティング
HOYA「レイガード435」をご紹介します。

紫外線は目に有害で角膜炎や白内障などの眼病を誘発することは多くの方がご存知でしょう。
それに加えて、ドライアイや眼精疲労、加齢黄斑変性などへの影響が懸念され、研究が続けられているのが
「ブルーライト(青色光)」です。

このコーティングはその効果を得る為に、クリアレンズでも少し着色が見られます。
しかし、クリアレンズの場合には着色カラーをには4色のバリエーション。

フレームカラーやご希望の雰囲気によって、4色から選ぶことができるんです。

ちなみにアッシュ(グレー)の場合にはこういう感じ。
左 レイガード435アッシュ  右 クリアレンズ

カラーレンズとの組み合わせの場合にはこちらのアッシュのみとなりますので
ご注意ください。

日々の生活に大切な眼のケア。
気になる方は店頭スタッフまでお気軽にご相談ください。


逗子店 [LENS] 2018-03-29



[Alenz] 2018-02-23

【レビュー】Nikon シーマックスで度付きスポーツサングラスを作りました♪

こんにちは。
花粉症の気配がそこかしこに感じられ戦々恐々の日々(*_*)
アレンズでは只今、
メガネの曇り止め『アンチフォグ』と
メガネが曇らないマスク『イーズマスクゼロ』が
お客様にご好評いただいております(スタッフも絶賛使用中です)。。。

花粉防止ゴーグルの代わりにスポーツ用のサングラスを
掛けてオシャレに過ごす方もいらっしゃいますね。。。

実は先日、完全なる趣味で
度付のスポーツ用ハイカーブサングラスを作りました。
今回はレンズの仕上りをレビューをしたいと思います!!


私物のサングラス(RUDY PROJECTの“RYDON”)を度付にしました。
※RUDY PROJECTは当店での取り扱いはございません、ご了承下さいませ。


今回はNikonのフルオーダーメイドレンズ
「シーマックスインフィニット5」
+ゴールドのミラーコート+10%濃度のグレーカラー、の仕様です。
主に日中~夕暮れ(ぎりぎり夜間可)のサイクリングを想定。

基本的に度付のハイカーブサングラスの作成には
形状から問題が生じます。。。

!物が歪んで見える(乱視が強い場合は特に)!
!通常のレンズよりも厚くなる!
!製作されている度数、カーブの程度が限られていて綺麗に仕上がらない!

(番外編:そもそも度付のレンズが組み込めないフレームだったりする)



アレンズではハイカーブレンズメーカーとして
オークリーをはじめとする各スポーツサングラスブランドに対応する
ハイスペック防弾レンズ『ICRX』、
偏光レンズで知名度の高い『TALEX』と『kodak』、
そして『HOYA』と『Nikon』をはじめとする国産レンズメーカー各社を取り扱っています。

いずれもとても魅力的なのです!・・・が、

近視乱視いずれも“ド強度”の僕は
「なるべく乱視補正に強く自然な見え方」な点と
「薄くできる」点、
そしてとある問題からNikonのフルオーダーメイドレンズを選んだのでした。

とある問題とは。

「耳の位置が低すぎてサングラスが跳ね上がっちゃうヨ?」です。
何を言っているのか皆目分かりませんね。



↑つまりこういうこと。

ここまでではなくとも
レンズの角度が顔に対してめくれ上がっていると
通常のメガネでもとっても歪んで見えるんです。
かなり気持ち悪くなります。
耳の位置が低いとそれだけでメガネ難民になりやすいんですよ。。。
調整できるフレームか、調整が行き届いているかが
とても大切です。

Nikonのシーマックスインフィニットはハイカーブレンズ用の補正に加えて
装用時のこの角度(前傾角)を度数補正に反映できるんですね。
おかげで調整範囲の限られるスポーツサングラスでも、
掛けた時の違和感はほぼ無し!

もちろん、メガネとして仕上げたシーマックスと
まったく同じとはいきませんが
これまでのハイカーブレンズと比べると雲泥の違いでした★
ともかく視界が広い!滲まない!長時間の装用も快適です。




使用したサングラスはもともと6カーブのレンズ対応だったのですが
今回は4カーブのレンズで組み込んでいます。
僕の度数ではどこのメーカーさんでも製作が厳しかったためです。
しかし、カーブ差があるもののご覧のとおり綺麗な仕上りになりました。
この仕上げについては
眼鏡店の技術レベルによっても差が出る部分ではないかと思います。


また、カーブによって生じる歪みは
眼鏡店でカーブを考慮した度数調整を施すことでも
かなり改善されます。

ご使用のメガネと全く同じ度数にする場合でも、
専門スタッフにご相談の上
テストレンズにて確認を受けて頂く事がおススメです‼




ちなみにスポーツサングラスでは必ずと言っていいほど
ご注文頂く『ミラーコート』。目元が隠れてカッコイイですよね。
薄いカラーでも、特にゴールドミラーだと
装用写真のように目元をしっかり隠すことが出来ます。

ただ、実際に掛けた時に見える視界の色は
表面のミラーカラーとは全く異なりますので要注意
(ゴールドミラーの場合、クリアレンズであっても青色の視界になります)!



また、ミラーコートは表面の反射を高めるために
レンズの内側にも施される場合が多く、
フレームの装着状況によっては反射した像が映り込みますのでご注意下さい。


ご希望だけではなかなかうまくいかないのが
度付スポーツサングラスの世界です。
考え込む前に、是非スタッフまでご相談下さいね。
ご来店お待ちしております!


Alenz [LENS] 2018-02-23



[追浜店] 2017-10-27

防眩レンズのご紹介

こんにちは!
追浜店の熊谷です。

眩しさ避けには、色の濃いサングラスでないと防げない、そう思っていませんか。

運転中にサングラスをかけるとトンネルに入った時に、見にくくなり困っていませんか。

なんと!

薄い色でも眩しさを避けるレンズがあるんですよ~(^▽^)

これなら日中だけの用途にとらわれず常用して頂く事も可能です。


今回のオススメレンズはkodakの防眩レンズです(^▽^)



PCやスマホ、液晶画面のすべての商品によるチラツキ。

運転中の対向車のヘッドライト。

ゴルフなどのアクティブなスポーツシーン。

もちろん日常感じる光の眩しさを軽減します。




人が見ることのできる光の事を可視光線(かしこうせん)と言います。

視る事が可能な光と書いて、可視光線です。

それが上記の紫から赤までの光の範囲なんですね。

その中の黄色い光は、特に人は眩しく感じる光なんです。

特にこの範囲軽減させる事で防眩効果を発揮しているのが、このレンズなんです。


580nmの範囲が大きく下がっていますね。

この部分が先程の黄色の範囲になります。

これにより、様々なシーンの眩しさを抑えてくれます。

実際のレンズはこんな感じ。

ネオコントラストレンズの方が色が濃く、効果も高いです。
シーコントラストレンズはより薄めの色で、見た目に気にならない仕様になります。



公式HPではより詳しい情報が載っています。
http://sajapan.jp/products/antiglare.html

ご興味ある方はお店のスタッフにお尋ねください。


追浜店 [LENS] 2017-10-27



News&Blog


SHOP


NEW ENTRY

CATEGORY

MONTHLY ARCHIVE