トップ > ニュース&ブログ


ニュース & ブログ (Alenz イオン久里浜店)

追浜店のブログ衣笠店のブログ逗子店のブログAlenz イオン久里浜店のブログ


[Alenz] 2018-07-14

補聴器の基本は。。。

今日もなかなかの真夏日です・・・
本日、久里浜では19:30~20:10まで『久里浜ペリー祭 花火大会』が
催されます☆
浴衣のお客様も多く、今日のイオンはお祭りの空気に包まれています。
営業中なので見たことはありませんが‼
皆様楽しんでいらして下さいね☆


さて、今日のお話はこちら。


補聴器をご検討のお客様からよく頂く、
「補聴器って悪い方の耳につければ良いんだよね?」というお声。
もちろん、ご希望でしたらそのような装用も出来るのですが、
効果を考えるとあまり期待出来ないことがあります。
お人によって違いはありますが、
本来の効果を十分に得るには両耳の装用がオススメです。
特に今日の花火大会のような環境で!!


理由1)耳の負担が減るから楽!
片耳に装用しただけだと、聴こえる方の耳を相手に向けて、
さらに聞き取りに相応の集中を強いられます。
両耳装用ならバランス良く聞こえるので負担が減りますよね。
また必要な音を聞き取りやすいので
にぎやかな場所でも会話が楽になります。

理由2)方向感覚や距離感がつかみやすい!
両耳装用だと聞える範囲が左右に広がるので、
何処から音が来ているのかが分かりやすいです。
車やバイクの接近する方向や距離は、ちゃんと感じ取れた方が良いですよね。




理由3)聞き取り能力の低下を予防する可能性
「聞き取り能力」。馴染みのない言葉ですが、聴力とは違います。
聴力は音を聞き取る力。
聞き取り能力は言葉を聞き分ける力。何の発音だったのかをきちんと認識できる力です。
「あ」といわれたら、発言者の老若男女に関係なく「あ」と分かりますよね。
これが聞き取り能力です。
この聞き取り能力が低下していると、
大きい声で話されたり、
補聴器で音量を十分に補充されていたりしても、
正しく聞き取れないことがあります。



両耳装用の方が片耳装用と比較して補聴器の満足度が高いという研究結果があります。
ご検討の際には必ず比較体験してみて下さいね。



Alenz [きこえの相談室~補聴器~] 2018-07-14



[Alenz] 2018-06-30

補聴器のお手入れについて

今月の補聴器相談会もたくさんのお客様にご来店頂き
誠にありがとうございました。


これから新たに補聴器をご使用になられる方も、
以前の補聴器からの買い替えの方も、
ぜひともお願いしたいのが
プロによる定期的なメンテナンスです。

やはり耳の穴に入れるものですから、
基本的には毎日お手入れが必要です。
耳栓についた耳垢をふき取ったり、湿気取りのケースに保管したり、
最低限のお手入れをご家庭でもお願いしています。
しかし、残念ながらそれだけでは十分ではありません。

持込いただければ、パーツを分けたうえでの端子の洗浄、
耳栓の内側にまで入り込んでしまった耳垢の除去(外から見てもわからないことが多いです)、
内部の消耗部品の交換と、、、、

湿気取りでは除去出来ない内部の水分を
「真空乾燥機」で徹底して除去します。

耳の穴以外にも
頭部から流れ込む汗の浸透や多湿の時期ならではの
水分の浸透を、夏季は特にご注意いただかなければなりません。
防水仕様にはなっていますが
精密機器である点を忘れずに、月に一度は必ずメンテナンスにお越し下さい。

また、ご希望の方には
聴力を測定して現在のお耳に合った補聴器の出力となるように
調整も実施しています。
上の写真のように、必要に応じて耳栓の選定・変更をすることもあります。
これだけでも音響効果は大きく変わります。
当店で補聴器をお買上げの方は上記のようなアフターメンテナンスは無料です。

また、他店にて補聴器をお買上げのお客様であっても
基本的にはメンテナンスは無料で実施しています。
こちらで取扱いのある補聴器メーカーでしたら調整もできます
(初回調整料¥3,240)のでお気軽にお越し下さいね☆



Alenz [きこえの相談室~補聴器~] 2018-06-30



[Alenz] 2018-06-18

補聴器のアプリを使ってみよう☆

こんにちは!
今月24日まで、アレンズでは補聴器相談会を開催しております。
今回の相談会チラシには初めて、
お買上げの方へ補聴器用のリモコン(¥19,440)プレゼントの実施が叶いました☆

で、ですね。大抵のお客様からは
「え、補聴器にリモコンなんてあるの!?」といったお声が上がります。
リモコン、こんなのがあるんです。


↑の写真、右側。
iPhone6と比較するととっても小さいですね・・・
状況に合わせて、テレビのリモコンのように音量を大小コントロールできます。

また、音量だけでなく
補聴器の音の出力は様々なパターンを作ることが出来るので
そのパターンの切り替えも可能です。
例えば会議用、騒音下用、音楽用、テレビ用といったように
環境に応じて出力の仕方も作ることが出来るのです。


ここまでくれば本日のお題は分かりますよね、
同様の事はすでにアプリで事足ります(しかも無料!)
写真左のiPhoneの画面をご覧ください。
これ、補聴器のコントロールアプリ(シーメンス・シグニア補聴器「タッチコントロールアプリ」)です。



補聴器本体の性能によりますが、
このアプリでは音の入ってくる範囲や方向を自由に、
直観的に装用者の方が操作することが出来ます。

何人かの方のお話を広く拾いたい場合(上)
周りが騒がしい時に相手の方の話を聞きたい時には
音の入る範囲を絞って、正面の人の声だけを拾う(下)、といった使い方が出来ます。


また先のように音の出力のパターンを切り替え、
それぞれのパターンの中で音量の大小を操作することが出来ます。
プログラム1(←名称は自由に設定できます)と・・・

プログラム2(これも名前は自由に設定できます。TV用、家用などなど)。


ご装用いただいているお客様も、
最近はスマホを所持されている方が増えてきました。
設定や接続はこちらで行いますし、
費用もかかりませんでぜひお気軽にトライしてみてくださいね☆


リモコン3台を使い分けるギークなお客様もおいでです(^O^)/


Alenz [きこえの相談室~補聴器~] 2018-06-18



[Alenz] 2018-05-29

90日間の補聴器トレーニング

こんにちは、Alenz&Co.の彦坂です。
今日は補聴器をご使用頂く上でのトレーニングをご紹介します。

当店では全国的にもまだ珍しい取り組みとして
シグニア(シーメンス)補聴器と共に
「90日間の補聴器トレーニング」を実施しています。
先日、こんなリーフレットを作って頂きました☆


さて、
そもそも“補聴器にトレーニングがいる”と言われたら
大抵の方は驚かれるのではないでしょうか。

「機械なんだから買ってつければ聞こえるんでしょ」って思いますよね?

そのくらい手軽だと本当にいいんですけど、
残念ながらそこまで簡単ではないんです。
なぜか。



殆どの方は、相応の年数をかけて少しずつ聴力が低下しています
(加齢性の難聴)。
これはご自分では中々気づきにくいものです。
聴力の低下とは、
脳に届く音の刺激が弱いものになっていくということなんですね。
加齢性の難聴は、環境や会話から得ている様々な音の大きさが
何十年もかけてだんだん静かになっていく状態とも言えます。


そこに補聴器をつけて、他の方が聞いているのと同じくらいの
音量が補充されると、、、
静かな音環境に慣らされていた脳はどう感じるでしょう。
自分の声がなんだかとても大きく感じられたり、
テーブルで食器の音がいつもより強く感じられたり、
新聞をめくる音もバリバリした音に聞こえたり、といった具合になりますよね。
いろんな音がうるさく感じられることは
容易に想像できるのではないでしょうか。
かといって装着しやすい小さい音量のまま過ごしていると、
十分な効果は得られませんよね。
買ってつければ聞こえる、というものではないんです。
購入後の十分な調整がない限り、使えるようにはならないんですね。



そこで大切なのが脳を徐々に慣らしながら、
適正な音量に向けて段階的な調整を加えていくトレーニングです。

購入後の調整とメンテナンスの大切さはおそらく殆どのお店で
説明を受けられるかと思います。
しかし、耳の機能を最大限に引き出すことを目的に設定して
調整を加えているお店は極めて少ないのが現状です。
「90日間の補聴器トレーニング」は今のきこえの能力を最大限に引き出すためのプログラムになっています。
一見、長い期間に感じられますが、実際の調整回数は多くて8回程度。
半分の期間で、もっと早くに慣れられる方もおいでです。



当店では新しくご購入の方、以前ご購入の方を問わず
「90日間の補聴器トレーニング」を無料でご利用頂けます。
また、他店でご購入の補聴器も¥3,240の調整料で実施しています。
ぜひ、お気軽にご相談下さい。


Alenz [きこえの相談室~補聴器~] 2018-05-29



[Alenz] 2018-05-28

補聴器はチャージでGO!

こんにちは、アレンズ 認定補聴器技能者の彦坂です。
今日は新しく発売された充電式補聴器をご紹介します。

シグニア(旧:シーメンス)補聴器より
“Pure Charge&Go NX"


従来の充電式補聴器よりも
マイクの性能が約8倍に。
装用者の声と周囲の声を識別して
自分の声が響かないように抑えてくれる特許技術が搭載された
装用感に優れた機種です。


最近お客様からのお問い合わせも多い
充電式補聴器。

スマートフォンをはじめ、イヤホンや掃除機まで
充電池を使用した製品はどんどん増えていますが、
補聴器の場合は一体何がメリットなのでしょう?

よく「電池代がかからないから安いのよね?」といった
ご質問を頂くのですが、
正~直、電池代がかからない点はそれほどメリットではありません。。。
ランニングコストまで含めると電池式と費用面で大差はありません
(当店では電池1パックが270円と非常にお求めやすい価格設定になっているのも原因ですが)。


コスト面ではなく、やはりメリットは使いやすさと安心感。


なんといっても、ご使用上の最大のメリットは「手間がかからない」!

補聴器は毎晩乾燥ケースに入れる必要があるのですが、
その際には電池を本体から取り出していただかなければなりません。
納豆の粒とほとんど同じくらいの電池を
毎朝毎晩出し入れするのは思いのほか面倒!
外せない、入れられない、手元から転げ落ちる、などは
初心者の方には大変な負担になります。
これから解放されるのは大きなメリットです。

また、完全なメンテナンスフリーではありませんが、
充電器自体が乾燥機能をもっているので
充電器に置いておくだけで補聴器の湿気による故障を防いでくれます。
置いておいて、付けるだけ。
とっても簡単です。



次に、「故障のしにくさ」。
防水性能に加え、非接触式の充電の為
端子から錆が発生することがまずありません。
強力なIP68防水仕様で、夏の汗や湿気による故障を未然に防いでくれます。

そして、ひときわ安心感があるのが
「電池の残量を心配しなくてよいこと」。

電池式の場合は残量が低下した際にお知らせ音が流れますが、
多くの方が「電池を使用して何日経った」ということを気にして
生活されているのが実際です。
特に毎日ご使用される方の場合、充電式にすることで
この心配からはほぼ解放されるのが良いですね。
また、残量がランプの表示ですぐに分かるのも安心です。


他にもスマートフォンと音声が直接つながる点や、
専用送信機でテレビの音響が直接つながる点、
スマートフォンでの直観的な操作など、
オススメの性能はたくさんありますが、
まずは快適に使えることが一番のメリット。
毎日使うものですから、なるべく簡単に過ごせるものがオススメです。
是非、実物を店頭でお試しになってみて下さいね。


Alenz [きこえの相談室~補聴器~] 2018-05-28



News&Blog


SHOP


NEW ENTRY

CATEGORY

MONTHLY ARCHIVE