トップ > ニュース&ブログ


ニュース & ブログ (めがねの荒木 衣笠店)

追浜店のブログ衣笠店のブログ逗子店のブログAlenz イオン久里浜店のブログ


[衣笠店] 2018-05-31

本当は聞こえていない・・・

こんにちは!
めがねの荒木 衣笠店さいとうです(*^_^*)
お元気ですか。
もうすぐ梅雨の季節です。補聴器をご使用の方は是非当店にメンテナンスに来てください。

さて、「聞こえる」とはなんでしょう?
かなり難しいですが人によってかなり受け方が違うと思います。

しかし周りで「聞こえてない」と思っていても本人は補聴器をためらう場合が多く見れます。
ではなぜ、補聴器をためらうのでしょう。

1、聞こえているから今のままでよい。
2、そんなに聞こえは悪くないから助けはいらない。
3、まだ若すぎる。

そんなアンケートがあるそうです。では周りが聞こえていないと思っているのになぜ、聞こえない本人たちは聞こえていると思っているのでしょう。家族に連れられて渋々補聴器相談に来られた方は必ずこう言います。「家族の声は、はっきり聞き取れる。」「テレビはまだ聞こえている。」・・・「えっ」と思われた方、そうなんです。家族は聞こえないと思って連れてきたいるのに矛盾にも本人は家族の声は聞こえると答えます。家族が大きな声で話しかける優しさが「まだ私は大丈夫。」となってしまい、家族が困っていることに気付けないのです。
「そんなに聞こえは悪くない。」と思い、テレビを大ボリュームで聞くことになり、家族が返ってくるとびっくりするほど大きな音でテレビを見ています。

また、耳が聞きづらくなり補聴器を使うのに「若すぎる」と言うことはありません。
聞こえなくて家族や周りの人に迷惑をかけたり、車が来るのが気付けなくて怖い思いをすることに年齢は関係ありません。
公共機関を利用するにあたって「わからない、聞こえない。」では済まされません。
また聞こえない状態で外に出ることは非常に危険です。家族に付き添いをお願いすると家族の負担も増えます。頼むのがだんだん億劫になり、外出が減ります。
これは実際に難聴で苦労された方の実話です。


そう、「聞こえる」と言うことは「行動の自由」を手に入れることなのです!

当店では常に認定補聴器技能者がお店に居るようにしています。
是非、ためらわずに認定補聴器技能者に「聞こえ」について相談してみてはいかがでしょうか。


お待ちしております!

めがねの荒木 衣笠店さいとうでしたヽ(^。^)ノ


衣笠店 [きこえの相談室~補聴器~] 2018-05-31



News&Blog


SHOP


NEW ENTRY

CATEGORY

MONTHLY ARCHIVE