トップ > ニュース&ブログ


ニュース & ブログ (めがねの荒木 衣笠店)

追浜店のブログ衣笠店のブログ逗子店のブログAlenz イオン久里浜店のブログ


[衣笠店] 2016-03-27

「メガネをつくる時、アイメックで測定してますか?」

今月、衣笠店では、汎用計測器「アイメック」を導入しました。
瞳の中心とレンズの焦点(光学中心)が一致するアイポイントを計測することができ、
目に負担をかけず正確に「視える」という機能を最大に引き出すための
秘密兵器です。

この計測器は、横須賀では「めがねの荒木」だけにあります。

パソコンと連動してお客様の顔をいくつかの方向から撮影してデーターを収集し、
より快適なメガネづくりに反映させます。

メガネのことなら、是非、めがねの荒木で快適なメガネを!


衣笠店 [加工・測定・フィッティング] 2016-03-27



[衣笠店] 2016-03-13

職人の腕が光る逸品~メタル編~

こんにちは!
今回は「職人の腕が光る逸品の第二弾、メタル編です。
職人さんが手作業で造り上げるイチオシのメタルフレームを紹介いたします。

それでは行きましょう・・・

まず一つ目はこちら

井戸多美男作 T410-ATG
近年では加工が難しくあまり使用されていないサンプラチナを用いた一本。
丈夫で汗などにも強く優れた耐久性を持っています。
鼻もとの部分は一山式となっていますが、鼻にあたる内側は
シリコンでカバーされているのでずれにくくなっています。


鼻もとの部分同様、耳の裏に当る部分は痛くならないように
シリコンでカバーされています。
テンプル(弦)の先が輪のようになっていますが
これを造るのって意外と難しいんですよね。まさに職人技!!

恒眸作(コウボウサク) T261-WG
こちらも確かな技術を持った職人にしか加工が出来ないサンプラチナをしたフレーム。
金属部分にべっ甲調のセルが巻かれていてとても高級感のある雰囲気に。



そして、恒眸作の特長はなによりも彫金です。
ブリッジ部分の彫金がとてもきめ細かくおしゃれです。

ノバ H-417-5-43
いま流行の丸メガネ。一見、一山式のように見えますが
鼻もとが調整できるようになっていて、鼻の低い方にも安心。


クラシカルな雰囲気のあるこの形は、「巻きつる式」と言われ、
デザイン性だけでなく、しなやかで柔らかいのでずり落ちてきたりするのを防いでくれます。
メガネ好きにはたまらないですね。


さてさて
今回は、この3本をご紹介いたしましたが
他にも職人手作りのフレームはたくさんあります!!
ぜひ、店頭でご覧になってみてください!


衣笠店 [フレーム] 2016-03-13



[衣笠店] 2016-03-08

春の補聴器相談会

こんにちは!
今日は暖かいですね♪
春が近づいてきていますが、まだまだ寒い時期ですので体調にはお気をつけください。
本日は補聴器相談会のお知らせです。
3/12(土)~3/27(日)まで『春の補聴器相談会』を実施することになりました!
期間中は50種類以上ある補聴器の中から、お試しされたい補聴器を選択して頂き、実際に試聴する
ことができます。ご希望の方は、お貸出しも可能となっております。
(シーメンス補聴器/耳掛け式のみとなります)

聞こえでお困りの方はぜひご相談くださいませ!


衣笠店 [きこえの相談室~補聴器~] 2016-03-08



[衣笠店] 2016-03-05

「メインは”プリズマ”」

こんにちわ!衣笠店 原田です。
本日は、ショーウィンドウのディスプレイの紹介です。
3月といえば春!
春にふさわしいフレームが今回ショーウィンドウに展開しています「プリズマ」というフレームです。

赤を基調とした春らしい華やかなディスプレイとフレーム。
イタリア語で虹を意味するこのブランド。
大人の女性が様々なシーンで楽しめる、洒落たメガネを幅広く提案しています。


そのフレームの1本がこのPM24317です。
軽さと驚きの掛け心地を実現したエクセレンスチタンを使用。
細部までこだわったテンプル(つる)のデザイン。
他にも多くのデザインを展開しています。
是非、店頭でご覧ください。


衣笠店 [ディスプレイ] 2016-03-05



[衣笠店] 2016-03-02

職人の腕が光る逸品~セル編~

こんにちは!
今月から衣笠店に配属になりました工藤です!
これからよろしくお願いしますm(__)m

さて早速ですが、みなさんは日本のめがねの産地ってご存知ですか?
知っているよという方もいるかと思いますが、福井県の「鯖江」というところなのです。

今回は職人の腕が光る逸品~セル編~と題しまして、
メイドイン鯖江のフレームをご紹介いたします。

メイドイン鯖江のフレームはたくさんあるのですが、
その中からセルフレームのいくつかをご紹介。

それではいきましょう。



掌(たなごころ):750-DEMI-F
一見すると細みのセルで華奢に感じられますが、
はっきりとしたデミ柄とサイドの彫金がバランスよく
その人の個性を惹きたててくれそうですね。



TURNING Step:TP-30601-46
加工が大変なセルロイドを手作業で磨き上げることで生まれる
独特のツヤ、光沢がとても綺麗ですね。
サイズも大きすぎないので、女性の方でも掛けられます。



TURNING:竹田-茶柄-54
こちらも職人さんが丹精込めて作り上げた一本。
長く寝かしたセルロイドを使用し、ネジ一本一本まで手作業で作り上げるので、
とても丈夫で長く愛用できます。
光の加減によって、雰囲気が変わるのも楽しいですね。


たくさんある中で数本しかご紹介できませんでしたが、
他にもたくさんありますので、是非店頭でご覧になってみてください!

メタル編はまたの機会に!お楽しみに!


衣笠店 [フレーム] 2016-03-02



News&Blog


SHOP


NEW ENTRY

CATEGORY

MONTHLY ARCHIVE