トップ > ニュース&ブログ



ニュース & ブログ (めがねの荒木 逗子店)

追浜店のブログ衣笠店のブログ逗子店のブログAlenz イオン久里浜店のブログ


[逗子店] 2018-02-25

視力測定の赤と緑

皆さん こんにちは!

さて突然ですが、メガネやコンタクトを作る際に、視力測定で良く出てくるコチラ。

これって何を表しているの?て気になった方も多いはず。

今回はメガネ小話としてこの視標の意図をお伝えできればと思います。



ずばりこの視標では、視力矯正の度数が「適切」かどうか、がわかります。

「赤と緑が同じくらいに見える」または「どちらかと言えば赤がはっきり見える」となったときが、

適切な度数のレンズの目安となるのが一般的です。

赤が明るく、はっきり見えるときは、低矯正(もう少しレンズの度数を強くできる状態)

または適切な度数で矯正できています。

まずいのは緑の方が明るく、くっきり見えるというとき。

この場合は過矯正(レンズの度数が強すぎる状態)、

なので、この場合はレンズの度数を下げる必要があります。

強すぎる度数の問題は頭痛や眼精疲労を誘発することにあります。

視力測定て何をしているかわからない部分が多いのですが、このテストのときは、

「適切な度数を確認しているんだな」と思って頂ければ幸いです。





逗子店 [加工・測定・フィッティング] 2018-02-25



[逗子店] 2016-08-28

目が良いとは??

こんにちは!

台風がダルビッシュのスライダーばりのカーブを描いて日本列島に接近していますね。
30日に上陸の恐れありだとか....
ちょうど研修で都内に行かなくてはいけないので、勘弁してほしい大浦です。




さてさて、みなさん

唐突ですが、「目が良い」てどういう事だと思いますか?

というのも、
最近、新しくメガネをお作りさせて頂くお客様がよくおっしゃるのが、

「昔は目が良かったんだけどねー」

という台詞。

一般的に目が良い、という基準て、1.5とか2.0とか視力が基準だと
多くの人が認識していると思うんです。

でもね、学校や職場の健康診断で行う視力測定で判定される1.5とか2.0、またはA,B,Cというのは、
5mm離れたどれだけ小さなモノを判断できるか、が基準なんです。

あくまで「遠く」が基準なんですね。

でも、それって一つの指標に過ぎないんです。

眼科やメガネの専門店が考えている「良い目」というのは以下のようなものになります。

「左右両方の眼をバランスよく使えている」
「見たい距離に楽にピントを合わせられる」
「モノを立体的に捉えられる」




最近、パソコンやスマホ等の普及に伴って、近距離の視力というものに注目が集まっています。

遠くは良く見えるから目は良いはず!
では済まない場合が多くあるのです。

「近くを見ていると疲れてどうしようもない」
「目が痛くなる」
「情報が頭に入ってこない」
中には頭痛や肩こりが眼から影響している可能性もあるのです。


我々はメガネの専門店ですから、「良い目」になるようなメガネ作りを心掛けています。

自分は目が良いからメガネは必要ないはず!という人ほど、
実はメガネが必要なケースも多くあるのです。

ちょっとしたことでも、見え方に関して気になる点はお気軽にご相談頂ければと思います。




逗子店 [加工・測定・フィッティング] 2016-08-28



[逗子店] 2015-07-17

夏はメガネの大敵だから

こんにちは٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
今日の逗子は雨が降ったり止んだり降ったり止んだりで、なんともやきもきさせられる天気です。
上陸中の台風の影響も少なく小さいと良いのですが~( ⊃・ω・)⊃☂

さてさてこの台風が過ぎ去ればいよいよ夏本番になりますね。
夏は汗や皮脂がバンバン分泌されるので、いきおいメガネのずり落ちも頻出します。


セルフレームで、鼻にあたる部分が薄いタイプは言わずもがな。
(このタイプは海外ブランドや輸入品に多いです)

こんな風に、鼻パーツを少し高くしたタイプでも、汗をかくと落ちます。ずり落ちます。
どれだけ掛け具合をピッタリ合わせていても、です。
そこで!!!


お助けアイテムをプラスしてあげましょう!
画像は『セルシール』、シリコン素材でできたシールです。
セルフレームに貼ることで、鼻パーツの形を調整&ピタッとくっついてずり落ちを防止してくれます!

このタイプのいいところはその可逆性です。
シールタイプなのですぐに微調整が出来ますし、汚れてきたら剥がして新調していただければOK!
鼻もとの加工って実はいろいろ種類があるのですが、


http://www.optical-araki.co.jp/kodawari/pita.html

↑このリンクにあるように、鼻元をそぎ落としてしまうと元には戻りません。
セルフレームのずり落ちが気になる方は、まずこのシールで試していただくのがオススメです!

パット付タイプのフレームなら↑このタイプのシールもおすすめです。
また、パット自体をシリコンタイプに変更するのもいいですね!
店頭でお申し付けいただければ、5分前後で交換できます╭( ・ㅂ・)و ̑̑

この季節は汗でネジの不調なども出てきやすいので、
一日の終わりにはメガネを水洗いをしてあげると使い心地もアップしますよ~。
便利グッズを活用して、快適なサマーメガネライフをお過ごしください (・∪・)

寺澤でした!


逗子店 [加工・測定・フィッティング] 2015-07-17



[逗子店] 2015-07-02

スマホ老眼について。

こんにちは!
逗子店の正野崎です。

祝 H.P.リニューアル!
そしてなでしこJAPAN決勝進出!!!
錦織選手の棄権が残念でしたが、なでしこのニュースはあいにくの天気でも元気をくれますね!
決勝もガンバレ!٩( 'ω' )و

さて、本日は『スマホ老眼』について。
先日もニュースで特集を組まれていたのですが、みなさんはご存じですか?

スマートフォンやパソコン、ゲームなどの近業作業を長時間続けていると、
パッと顔を上げた時にピンとが合いにくくなる現象をいいます。
私たちの目は、近くを見る時に眼の筋肉を使ってピントを合わせるのですが、
この筋肉の衰えを、いわゆる『老眼』と言います。
『スマホ老眼』は、筋肉をずーっと使っている状態が続き、筋肉が凝り固まってしまい、
他を見た時にピンとがなかなか合わない、という状態なんですね。
なので、スマホ世代と言われる若い世代に多く見られます。
ゲームが好きなお子様なども、こういった現象が現れることがあります。
 
対策としては、、、
「スマホ、長時間使わないでください。」
って言うのが一番なんでしょうが、「それ無理―(((-’д-)y-~ 」とすぐさま言われてしまいそうなので、
ここは眼鏡屋らしく、眼鏡のご提案を! 
 
ズバリ。
近く用の眼鏡を掛けちゃえばいいんです。
ただ、若いのに「近く用」の眼鏡、なんて抵抗のある方もいらっしゃるかもしれませんね。
そんな時は、レンズの下の方だけ少し度数を変えられるレンズもご用意があります。
そうすることによって、近くを見る時に、筋肉の働きをレンズが少し補助してくれるのです。

設計的には遠近両用とほぼ同じなのですが、変化がそれほど大きくありません。
見た目にも普通の眼鏡となんら変わらず、レンズ上部ではちゃんと遠くも見えるので、掛けっぱなしでOK。

もちろん、遠近両用でもイイんです。
ちなみに30歳の私も、持ってます。

この文章だけでは詳しく伝わりにくいかもしれませんが、
『スマホ老眼』っぽいかも。。と思いついた方は、是非お気軽にご相談下さい!
 
せっかく眼鏡がオシャレアイテムとして流行っていますから、
日々頑張ってくれている目のために、レンズにも少しこだわってみるのは
いかがでしょう。
 
ちょっと長くなりました。
最後に、逗子店のメインディスプレイが夏仕様に変わりましたのでご覧ください!
一足お先に夏を感じていただけたら嬉しいです♪

逗子店 正野崎


逗子店 [加工・測定・フィッティング] 2015-07-02



News&Blog


SHOP


NEW ENTRY

CATEGORY

MONTHLY ARCHIVE