トップ > ニュース&ブログ


ニュース & ブログ (Alenz イオン久里浜店)

追浜店のブログ衣笠店のブログ逗子店のブログAlenz イオン久里浜店のブログ


[Alenz] 2018-06-12

キッズメガネの大ヒットシリーズ“トマトグラッシーズ”

こんにちは!

今回は、お子様メガネのトマトグラッシーズをご紹介します。
軽くてソフトで安心が身上の大ヒットフレーム!

“哺乳瓶と同じ素材”で軽く、弾力性にもすぐれています。
お子様メガネを専門にしているので、サイズが豊富なのもうれしいところです。


鼻パットに金属を使用していないので、お子様がぶつけてしまっても曲がることがありません。
もし鼻パットが破損してしまっても、パットパーツの交換だけで対応できるので安心!



耳の後ろの部分(先セル、とよびます)もあらかじめ耳にフィットするようなデザイン。
こちらも柔らかいので掛けていて痛くなりにくいです!
また、お子様の成長でつるの長さが足りなくなった場合を考え、長さの調節が可能になっています!
まさにお子様のことを考えつくしたデザインですね。

常にメガネを掛けることが必要な方には本当にオススメのトマトグラッシーズでした。
お子様用のメガネを選ぶときはぜひお試しになってみてください☆

※お子様のメガネを作る際は、まず眼科さんを受診されることをおすすめします


Alenz [キッズ] 2018-06-12



[Alenz] 2018-06-07

BJ CLASSIC のあり方。と個人的な好み

梅雨入りして靴の手入れが悩ましい毎日…
アレンズの彦坂です。
今回はFaceBookでちらとご紹介した新規取扱いブランド
“BJ CLASSIC”をご紹介します。


BJ CLASSIC P-551MP-3-44  レンズ付き価格 ¥35,640(税込)

BJ CLASSICを手掛けるのは、BROS JAPAN。
2002年に
世界最古のメガネメーカーであるアメリカンオプティカル(以下AO)の
日本の総代理店として創業しました。


BJ CLASSIC PREM-116CW 6-30-46  レンズ付き価格 ¥42,120(税込)

AOはマサチューセッツ州サウスブリッジに1833年に設立された、
世界最古の現存する眼鏡メーカーです。
世界初の縁なしメガネや、耳の後ろで湾曲する形のメガネのつるを開発。
メガネフレームが
ジョン・レノンやマルコムX、
ガンジー、ヘミングウェイといった著名人に愛用される一方、
パイロットサングラスも米軍正式採用から世界中に広まり、
アポロ11号による月面着陸の際には
アームストロング氏と乗組員たちにサングラスが使用されました。

また、今では一般的になった「ブランド名入り」メガネシリーズを導入したのも
AOが最初です
(あらゆる一般製品も含めて「ブランド製デザイン」が世界で初めて使用された例です)。



BJ CLASSIC PREM-114NNT 1-47  レンズ付き価格 ¥39,960(税込)

BROS JAPANは、
既にその技を受け継ぐ職人がいなくなっていたAOに代わり、
AOクラシックフレームの復刻製造を鯖江で開始。
その復刻モデルを全世界へ供給しました。

そして2005年、西洋人と日本人の骨格の違いを克服するため、
日本人の為のアイウエア「BJ CLASSIC COLLECTION」を発表。
2007年からアジアに進出し、現在では世界6か国で取り扱われています。


BJ CLASSIC PREM-118SNT 1-7-45  レンズ付き価格 ¥39,960(税込)


さて、そんな過程もあってからか
BJ CLASSIC の仕上げには他の鯖江ハウスブランドと比較しても
目を見張る仕上げが見受けられます。
一部は他のブランドでも見られる特徴がありますが
個人的に気に入った点をご紹介しますね。




1)切削マイナスネジの美しさ

いきなり重傷な発言で申し訳ないのですが、
上がBJ CLASSIC(切削マイナスネジ)、下が一般的なクラシックフレーム(鋳造プラスネジ)。
マイナスネジとプラスネジのどちらが良いとは言いません、
メンテナンスの点ではプラスネジは非常に優れていると思います。
しかし、埋め込まれても平面を作るネジの仕上げは、
フレームと完全に一体化しこの上なく美しい仕上がりです。



2)美しいカシメ

写真では六芒星型に2点、見えますね。

テンプルと丁番を結ぶカシメは一般的には丸型が主流、
廉価な量産フレームではダミーのシールが貼られてカシメ風に見せているものも多々あります。
BJ CLASSICでは六芒星形のカシメピンを一つ一つ手作りしています。
通常の丸型のカシメピンと比較すると、
丁番を打ち付けた際に星形が強力な歯としてはたらき、
カシメのゆるみやズレを防ぐ優れた効果を発揮するのです。

3)テンプルエンドの美しい仕上げ

スウェージングによる仕上げです。
丸線を叩いて伸ばすことで仕上げています。
金属密度を上げ、バネ性や柔軟性、コシと強度をアップさせることが出来ます。
何度かプレスすることで一連のバネ性などの特徴は更にアップ。
特にこのエンドのラインの取り方は美しいですね。


ただし、エンドの形状は固定されますので
当店で実施しているフィッティングが完全には出来ない場合があります。
フィッティング担当によるチェックが必要になりますのでお気を付けください。



他にも左右逆のヒンジ仕上げ、鼻パットもクラシカルな抱きパッドと
オススメの点はありますが、個人的に特筆すべきだと思ったのは
上記の3点です。よくわからなかった、という方は
店頭でご質問頂ければよりマニアックなお話しに引き込みます(笑)


今回は特に、
サイズ感は女性の方に特におすすめのモデルを揃えています。
掛けるとカワイイですよ☆


Alenz [新商品!] 2018-06-07



[Alenz] 2018-06-06

5月のお客様

こんにちは
とうとう梅雨に突入ですかね?
雨が今日はすごいですね。早く梅雨明けしないかな~
と思う今日この頃です。

それでは!5月のお客様の紹介です。






先月もありがとうございました。
6月もどうぞよろしくお願いいたします。


Alenz [お客様SNAP!!] 2018-06-06



[Alenz] 2018-05-29

90日間の補聴器トレーニング

こんにちは、Alenz&Co.の彦坂です。
今日は補聴器をご使用頂く上でのトレーニングをご紹介します。

当店では全国的にもまだ珍しい取り組みとして
シグニア(シーメンス)補聴器と共に
「90日間の補聴器トレーニング」を実施しています。
先日、こんなリーフレットを作って頂きました☆


さて、
そもそも“補聴器にトレーニングがいる”と言われたら
大抵の方は驚かれるのではないでしょうか。

「機械なんだから買ってつければ聞こえるんでしょ」って思いますよね?

そのくらい手軽だと本当にいいんですけど、
残念ながらそこまで簡単ではないんです。
なぜか。



殆どの方は、相応の年数をかけて少しずつ聴力が低下しています
(加齢性の難聴)。
これはご自分では中々気づきにくいものです。
聴力の低下とは、
脳に届く音の刺激が弱いものになっていくということなんですね。
加齢性の難聴は、環境や会話から得ている様々な音の大きさが
何十年もかけてだんだん静かになっていく状態とも言えます。


そこに補聴器をつけて、他の方が聞いているのと同じくらいの
音量が補充されると、、、
静かな音環境に慣らされていた脳はどう感じるでしょう。
自分の声がなんだかとても大きく感じられたり、
テーブルで食器の音がいつもより強く感じられたり、
新聞をめくる音もバリバリした音に聞こえたり、といった具合になりますよね。
いろんな音がうるさく感じられることは
容易に想像できるのではないでしょうか。
かといって装着しやすい小さい音量のまま過ごしていると、
十分な効果は得られませんよね。
買ってつければ聞こえる、というものではないんです。
購入後の十分な調整がない限り、使えるようにはならないんですね。



そこで大切なのが脳を徐々に慣らしながら、
適正な音量に向けて段階的な調整を加えていくトレーニングです。

購入後の調整とメンテナンスの大切さはおそらく殆どのお店で
説明を受けられるかと思います。
しかし、耳の機能を最大限に引き出すことを目的に設定して
調整を加えているお店は極めて少ないのが現状です。
「90日間の補聴器トレーニング」は今のきこえの能力を最大限に引き出すためのプログラムになっています。
一見、長い期間に感じられますが、実際の調整回数は多くて8回程度。
半分の期間で、もっと早くに慣れられる方もおいでです。



当店では新しくご購入の方、以前ご購入の方を問わず
「90日間の補聴器トレーニング」を無料でご利用頂けます。
また、他店でご購入の補聴器も¥3,240の調整料で実施しています。
ぜひ、お気軽にご相談下さい。


Alenz [きこえの相談室~補聴器~] 2018-05-29



[Alenz] 2018-05-28

補聴器はチャージでGO!

こんにちは、アレンズ 認定補聴器技能者の彦坂です。
今日は新しく発売された充電式補聴器をご紹介します。

シグニア(旧:シーメンス)補聴器より
“Pure Charge&Go NX"


従来の充電式補聴器よりも
マイクの性能が約8倍に。
装用者の声と周囲の声を識別して
自分の声が響かないように抑えてくれる特許技術が搭載された
装用感に優れた機種です。


最近お客様からのお問い合わせも多い
充電式補聴器。

スマートフォンをはじめ、イヤホンや掃除機まで
充電池を使用した製品はどんどん増えていますが、
補聴器の場合は一体何がメリットなのでしょう?

よく「電池代がかからないから安いのよね?」といった
ご質問を頂くのですが、
正~直、電池代がかからない点はそれほどメリットではありません。。。
ランニングコストまで含めると電池式と費用面で大差はありません
(当店では電池1パックが270円と非常にお求めやすい価格設定になっているのも原因ですが)。


コスト面ではなく、やはりメリットは使いやすさと安心感。


なんといっても、ご使用上の最大のメリットは「手間がかからない」!

補聴器は毎晩乾燥ケースに入れる必要があるのですが、
その際には電池を本体から取り出していただかなければなりません。
納豆の粒とほとんど同じくらいの電池を
毎朝毎晩出し入れするのは思いのほか面倒!
外せない、入れられない、手元から転げ落ちる、などは
初心者の方には大変な負担になります。
これから解放されるのは大きなメリットです。

また、完全なメンテナンスフリーではありませんが、
充電器自体が乾燥機能をもっているので
充電器に置いておくだけで補聴器の湿気による故障を防いでくれます。
置いておいて、付けるだけ。
とっても簡単です。



次に、「故障のしにくさ」。
防水性能に加え、非接触式の充電の為
端子から錆が発生することがまずありません。
強力なIP68防水仕様で、夏の汗や湿気による故障を未然に防いでくれます。

そして、ひときわ安心感があるのが
「電池の残量を心配しなくてよいこと」。

電池式の場合は残量が低下した際にお知らせ音が流れますが、
多くの方が「電池を使用して何日経った」ということを気にして
生活されているのが実際です。
特に毎日ご使用される方の場合、充電式にすることで
この心配からはほぼ解放されるのが良いですね。
また、残量がランプの表示ですぐに分かるのも安心です。


他にもスマートフォンと音声が直接つながる点や、
専用送信機でテレビの音響が直接つながる点、
スマートフォンでの直観的な操作など、
オススメの性能はたくさんありますが、
まずは快適に使えることが一番のメリット。
毎日使うものですから、なるべく簡単に過ごせるものがオススメです。
是非、実物を店頭でお試しになってみて下さいね。


Alenz [きこえの相談室~補聴器~] 2018-05-28



News&Blog


SHOP


NEW ENTRY

CATEGORY

MONTHLY ARCHIVE