トップ > ニュース&ブログ



ニュース & ブログ (めがねの荒木 追浜店)

追浜店のブログ衣笠店のブログ逗子店のブログAlenz イオン久里浜店のブログ


[追浜店] 2019-02-20

プラダ(PRADA)新商品入荷しました。

こんにちは!めがねの荒木 追浜店 寒河江です。
今日は、今トレンドのボストンコンビネーションフレーム
プラダのフレームをご紹介致します。

PRADA PR06VVD-UAD101-52
フロントは少し大き目でカラーは大理石模様
テンプル外側はブラック内側はブルー系グレーのツートンカラー
ブリッジのメタル部分のシルバーカラーが掛けた時の軽さとキュートなイメージを演出してくれます。


ノーズパットは日本人の顔にしっかりフィットするクリングスタイプ
機能性と長時間かけていてももずり落ちにくいのも魅力ひとつ!


レンズにカラーを入れるとよりファショナブルなりますよ!!
おすすめはブルー系やグリーン系です。
よろしければ是非一度店頭でご覧ください。
スタッフ一同お待ちしております。


追浜店 [新商品!] 2019-02-20



[追浜店] 2019-02-19

静電気の発生を防ぐ!帯電防止機能付きクリーナー

こんにちは!

そろそろ、花粉が飛び始めているようですね…

花粉防止めがねが大活躍する時期です!
先日ブログでもご紹介しているのでぜひご覧ください。

http://optical-araki.co.jp/staff_blog/index.html?shop=oppama&id=1212
【度付きレンズ対応可能!花粉を防ぐスカッシーフレックス】

このような花粉防止メガネほど強力に花粉をブロックすることはできませんが、
今お持ちのメガネになるべく花粉を付きにくくすることはできます!

こちらの【プラクリーン】をぜひ使ってみてください!


プラスチック専用に作られたこちらのクリーナーは、洗浄力に優れているだけでなく、
静電気の発生を防いでくれる「帯電防止機能付き」なんです。

静電気が発生すると、レンズにホコリや花粉が付きやすくなってしまいます(*_*;
プラクリーンは除菌しながら、それらを防いでくれる優れもの♪

スプレータイプで使い方も簡単です!

お家で使いたい方には大きいサイズ(200ml/1,720円)、
持ち運びには小さめサイズ(60ml/1,120円)がオススメです。

ぜひお試しください(^^♪

岡前


追浜店 [クリーナー] 2019-02-19



[追浜店] 2019-02-18

洗練されたデザイン「ショパール」のご紹介

こんにちは!
追浜店スタッフ工藤です。


今回は輝かしいデザインのブランド「ショパール」をご紹介いたします。


時計やジュエリーでおなじみの「ショパール」
その良さをメガネにもふんだんに取り入れ、
シンプルながらも洗練されたデザインが特徴のブランド。





上:VCH707J-L27-52Φ
下:VCHC64J-OL27-52Φ


正面には派手な装飾はせず、シンプルで品のある見た目に。

かといって地味にならないよう、サイドにはスワロフスキーをあしらい
気品のある印象に仕上げています。




上:VCHC64J-OL27-52Φ
下:VCH707J-L27-52Φ


ジュエリーを扱うブランドならではの魅せ方で
より上品に、そして、美しく




上:VCHC64J-OL27-52Φ
下:VCH707J-L27-52Φ


掛けることで一つ上の大人の魅力を引き出すようなそんなデザインとなっております。
目元も明るくより綺麗に見えます。
ぜひ、店頭でお試しください。


追浜店 [フレーム] 2019-02-18



[追浜店] 2019-02-17

春の行楽に向けてどうでしょうか?

こんにちは、めがねの荒木追浜店 丸山です。
冬の寒さも落ち着きを見せ始めて春の訪れを感じられるかと思います。
来週は気温もかなり上がるようです、予報では最高気温が20℃を超える日があるみたいです。
さて、今回は、春の行楽にむけて視界をクリアに見せるすっきり見せる偏光レンズのご紹介
その中でも、KodakLENZの「PolarMax pro」のご紹介を致します。


色の感じ方は年齢や環境の変化などで気づかぬうちに徐々にかっています。
「PolarMAX」の偏光機能による光の乱反射を抑えた見たいものを見る技術
「NeoContrast」の波長コントロール技術により色彩感度の向上させる技術
「COMPULETE UV」のHEV高エネルギー波長域を抑制することで目への経年ダメージを抑制する技術
この3つの技術を合わせて完成させたのが「PoralMax pro」ではその機能を画像で確認してみましょう!
「PolarMax pro」をなしで撮影したものと、ありで撮影したもご確認ください。
※丸山の撮影技術が未熟の為、上手に撮影できていない画像がございますがご容赦ください。

こちらが「PolarMax pro」を通す前の水を張った食器です。
光が乱反射してもうほぼ、ほぼ白いですよね


こちらが、「PolarMax pro」を通して撮影したものです。
光の乱反射が減少したので、食器の、黒いつるつるした模様もくっきり、見えてませんか?

次は眼のダメージを防ぐ機能を見てみましょう!
ブルーライトを「PolarMax pro」のレンズに合っててどれだけ透過してしまう確認できます。


これが「PolarMax pro」のレンズを通す前です。白い紙の上に青いライトが見えます。
では「PolarMax pro」のレンズを通してみます。

どうですか?ちょっと分かりにくいんですが、「PolarMax pro」のレンズの上に青い光が点みたいに見えていて
そのしたの白い紙に青色がほとんど映っていません。
これは眼に有害な紫外線カットはもちろんのことですが、HEV高エネルギー可視光線域(380nm~420nm)をカットすることにより、水晶体や、網膜へのダメージを軽減します。

当店の看板も「PolarMax pro」のレンズをとおすと・・・

こんな感じに、光のコントラストを感じられます!

如何でしたか?
今日撮影したもの、全てお店で画像ではなく、お客様の眼で確認ができますよ!
お店には今回、撮影に使用した。「ネオライトグレイ」のカラー以外もお試しできますので
是非一度お店でご確認ください。


追浜店 [おすすめ!] 2019-02-17



[追浜店] 2019-02-10

弱視って何なの?解説と対処法

こんにちわ!
スタッフ長瀬です!
三連休、中日は陽気の良い空模様ですね。
明日も雪の予報が散見されてます、皆さん明日のお出かけもお気を付けください。

さて突然ですが皆さん「弱視」という言葉ご存知ですか?
何かしら目の病気がある方、お子さんの視力検診などで聞いた記憶のある方、いらっしゃるのではないでしょうか。
また、最近ではロービジョンという呼ばれ方をしているので、コレを耳にしたことのある方は多いかも?

弱視とは、日本眼科医会の定めた定義では「メガネを使った、両目の矯正視力が0.04以上0.3未満」ということです。ザックリ言うと「メガネを掛けても視力が出にくい状態」です。

ただ失明とは違い、視力が0.04以上あれば、点字を使わなくても文字を大きくしたり照明を良くするなどの工夫で、目を使った行動はとれますし、職業訓練も可能です。そう悲観する状態ではありません。
とは言え視力の出にくい状態ですから、通常よりも生活の困難さは当然段違いとなってしまいます。

主に弱視になる原因として。

①眼疾患による後天的なもの。
これは疾患が原因ですから、それを治療すれば治ることも多いです。

②外傷(交通事故など)による後天的なもの。
これに関しては神経の損傷によるものも多く完治が難しいケースが多いです。

③視力矯正不備によるもの。
大人子供に関わらず、斜視や度数調整を長い間ほったらかしにしてしまい、眼球が本来の働き方を忘れたり、成長が止まってしまった状態です。子供のうちは適正なメガネやトレーニングによって治るケースも多いです。ただし大人になってこうなってしまうと体の衰えとともにトレーニングがうまくいかないケースがほとんどとなってしまいます。

さて少し怖い話になってきましたが、ようやく前置きが終了です。
正しい視力状態をキープすることによって防げることも多いですが、なってしまったものは仕方がないのも現実。
めがねの荒木はお客様の視力を取り戻すためならば何でもします!


弱視になってしまった方への簡単な解決方法に画像のような「拡大読書器」があります。
これもなかなか聞き覚えが無いと思うのですが。
今までは画像のようにTVと一体型の据え置きタイプが主流でしたが、最近では持ち運びできるタイプも増えてきました。

今回お客様のためにお取り寄せしたのはドイツ製「トラベラーHD」。
イメージとしては「読みやすさと文字拡大に特化したiPad」と思ってください。



専用スタンドに乗せて、読書器の下に新聞を置くとこの通り!

白黒のコントラストを強めたり



白黒反転して文字を強調したり



色覚異常に対し青と黄色で反転したり



最大倍率ではルーペでも難しい30倍!
しかもオートフォーカス付き、ボタン数も少なく簡単操作で視力が出にくい方でも扱いやすいようにできています。



「失明」に対しメガネは無力ですが「弱視」のようにいくらかでも視力が出ているのであれば諦める必要はありません。
お客様からよく「年齢的にもう無理かしら」なんていわれることも多いのですが、そんなことはありません。

少しでも視力と、文字と向き合いたいという気持ちがあればめがねの荒木は全力でバックアップいたします。
長瀬でした!


追浜店 [カルチャー] 2019-02-10



News&Blog


SHOP


NEW ENTRY

CATEGORY

MONTHLY ARCHIVE