トップ > ニュース&ブログ


ニュース & ブログ (めがねの荒木 逗子店)

追浜店のブログ衣笠店のブログ逗子店のブログAlenz イオン久里浜店のブログ


[逗子店] 2018-03-29

紫外線や青色光から眼を守ろう!

こんにちは、逗子店スタッフ 岡田です。

桜も満開、すっかり春の陽気になりましたね。
花粉に悩まされている方も多いようですが・・・

今日は紫外線はもちろん、LED照明やパソコン、スマホから発せられるブルーライトから眼を守ってくれるレンズコーティング
HOYA「レイガード435」をご紹介します。

紫外線は目に有害で角膜炎や白内障などの眼病を誘発することは多くの方がご存知でしょう。
それに加えて、ドライアイや眼精疲労、加齢黄斑変性などへの影響が懸念され、研究が続けられているのが
「ブルーライト(青色光)」です。

このコーティングはその効果を得る為に、クリアレンズでも少し着色が見られます。
しかし、クリアレンズの場合には着色カラーをには4色のバリエーション。

フレームカラーやご希望の雰囲気によって、4色から選ぶことができるんです。

ちなみにアッシュ(グレー)の場合にはこういう感じ。
左 レイガード435アッシュ  右 クリアレンズ

カラーレンズとの組み合わせの場合にはこちらのアッシュのみとなりますので
ご注意ください。

日々の生活に大切な眼のケア。
気になる方は店頭スタッフまでお気軽にご相談ください。


逗子店 [LENS] 2018-03-29



[逗子店] 2017-10-15

秋冬にも活躍! Kodak 防眩レンズ!

おはようございます!!

ここ数日は急に肌寒くなってきましたが、体調を崩されたりしていませんか?
暖かくして、風邪を引かないようにお気を付け下さいね(^_^)


さて、今回ご紹介させて頂くのは、サングラス!!
ではなく、「Kodak 防眩レンズ」についてです。



「防眩レンズ」とは、まさに名前のとおり「眩しさを防ぐレンズ」です。
「だったら普通のサングラスと同じだよ」という声もあるかと思いますが
実は機能性からして違うんですね~

一つ目の機能性は、人が眩しいと感じる領域の波長を選択的にカットしてくれるので薄いカラーでも眩しさを抑えることが出来ちゃうんです。
なんて優れものなのでしょう!!

そして、もう一つはどんな機能かと言うと…
「眩しさを抑えてくっきり見える機能(コントラストアップとも言う)」です。
この「くっきり見える」、大切ですので皆さん覚えといてくださいね~


ではでは、どんなシーンにオススメかというと、

①ドライブ

晴れた日には日差しによるチラつきを抑え、白線や標識をより見やすくし
曇った日や薄暗い日には対向車のヘッドライトなどから目を保護し快適な運転をサポートしてくれます。


②ゴルフなどのスポーツシーン

反射光を軽減し、ハッキリとした視界を確保してくれます。
芝目が読みやすくなり、スコアアップも目指せるかもしれませんよヽ(^o^)丿
目指せイーグル!!


③日常シーン

スマートフォンやタブレットなど電子機器から出る光はチラつきの原因になります。
そのチラつきを抑えることでより鮮明な視界に。
目が疲れるな~、見づらいな~等、日常のストレスから解放されてみませんか!?


ちなみにこちらの防眩レンズ、2種類ございます。

①See Contrast (シーコントラスト)
淡いパープルカラーで室内などでも快適に使えるレンズ
日常での使用にオススメです!


②Neo Contrast (ネオコントラスト)
シーコントラストよりも防眩性能を高め、よりハッキリ、くっきりとした視界を得られます。
ドライブやスポーツなどにオススメのレンズです!


シーコントラスト、ネオコントラストともにどちらも防眩性能を持ったレンズです。
快適に過ごしたい、パフォーマンスを高めたいなどそれぞれの目的に合わせたレンズを選択できるのがこのレンズの良さですね。

ただ、試してみないことには心配という方にいらっしゃるかと思います。
安心してください、実際に体験する事も可能です!

ぜひ、くっきり、ハッキリとした視界を体験してみませんか?
ご来店お待ちしております!!


逗子店 [LENS] 2017-10-15



[逗子店] 2017-09-05

1本で2役!!『調光レンズ』


こんにちは!逗子店 佐藤です(*^^)v
近頃は蒸し暑い!…と言いたいところですが、
ここ最近は肌寒いくらい涼しいお天気も続いてますね!
でもまた蒸し暑くなるかもしれないみたいです(天気予報で小耳に挟みました)

天気はコロコロと変わりますが、日差しの強い日はまだまだ続きそうです!
そんな日には眩しさが気になるところですが、サングラスと普段使いのメガネ持ち歩きが大変…
そんなお悩みをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか??

そこで今日ご紹介させて頂くのは『調光レンズ』です。




調光レンズとは、天候や紫外線量、気温によってレンズのカラー濃度が変化するレンズです。
なので、お部屋の中では無色透明、日差しの強い日の外ではサングラスのように色付きと
お天気や使う場面によってレンズの色が変わります!

今回はお店にあるサンプルで実際に試してみました!





今回試した色は、「ブラウン」
このように最初は無色透明のレンズです。
日差しに当てて、30秒ほどしてくると…




少し色づいてきました!
さらに少し待つと…





色が濃くなっていきました!
最初の無色と比べると色の濃さが分かるかと思います!
この日の天気は曇りだったので、晴れの日にはもっと色の濃さの違いが出てきます。

1本でメガネとサングラスの2役をしてくれる『調光レンズ』!
お店にサンプルもあるので実際にご覧いただけます(*^_^*)
気になった方は、ぜひぜひご来店ください~!



逗子店 [LENS] 2017-09-05



[逗子店] 2017-02-18

先取り春色フレーム♪

こんにちは、田中です(^o^)/

昨日は各地で春一番が吹いたようで、
ぽかぽか暖かい陽気で気持ち良かったですね♪
「春物ほしいな~」なんて思ってしまったのは
私だけでしょうか…?(゜_゜)

ということで、本日は私の願望含め、
春に掛けたいフレームをご紹介致します!


SeacretRemedy S-018-04-49

フロントリム下のミルキーなピンクと
テンプルのピンクゴールドが
春を感じさせてくれます~(// ▽ //)
フロントのブラウンも下のピンクがベースなので
重くならないところがいいですねb
大き目なウェリントンベースなので甘くなり過ぎません!


FaceFonts FF-115-02-52

何回FaceFontsを紹介したことか…(☆_☆)
和菓子の世界観をベースにしている
FaceFontosのカラーリングは
まさに春に楽しんで頂きたいです!
こちらは桜色カラーでまとまった一本、
掛けるだけでお顔周りが春色に♪

マイケルコース MK-4021B-3042-52

このフレームのようなクリアピンクは
光でチークのように頬にカラーが映るので
春メイクのお助けアイテムにもなります☆
私も似たようなフレームを掛けて大助かりです←

決算セールは2/26までです!
ぜひ期間中に春先取りフレームお試し下さい(@^^)/~~~


逗子店 [LENS] 2017-02-18



[逗子店] 2016-12-12

紫外線のお話

こんにちは!
スタッフ大浦です。

さ、寒い!!
急に冷え込んできた感のある逗子界隈。
皆さん体調には十分に注意してくださいね。

寒さにめっぽう弱い私...
かといって暑すぎても
テッカテカのダッラダラで、うだってしまう私...

なので年に数日訪れる、
ちょうど良い気温の日には、気分が高揚してしまい、
ついつい大きな声で歌を口づさみながら散歩して、
世間をざわつかせてしまう私。

そんな私が今回お届けするのは紫外線のお話。

夏場によくサングラスをお求めのお客様から聞くのが、
「紫外線」というワード。
これが冬場になるとめっきり登場機会が減少してしまう可哀そうな紫外線くん...

が、しかし!!!

紫外線というのは実は1年中を通して地表に降り注いでいるのです!
....と言うのは実は意外とみなさん知っている(・_・)
情報化社会て凄いですね。

でも未だにちょっと混同していたり誤解している人も多い「紫外線」

まず紫外線自体は1年中地表に降り注いでいます
でも実は紫外線て、人間が感じられる光の範囲外にあるんですね。
もうちょっと簡単に言うと紫外線て、目に見えないんです。

??なんのこっちゃ??て思ったそこのあなた!

おそらくあなたは「眩しい光」を紫外線と思ってはいませんか?そう、きっとそのはず!!







じ、つ、は、
太陽からピカッとくる眩しい光と、「紫外線」て全く別物なんです。

「う、まぶしいな!」
「キラキラしやがって、チクショーまぶしいぜ!」
「もっと俺を照らせ!」

これ全部「紫外線」じゃなくて「可視光線」
ちょっと難しい言葉を使うと、
光の波長が違うんですね。

私たちが普段見ている(見えている)映像の中に、
紫外線は含まれはしていますが、
感じる事は出来ていないんですね。



『でもでも、夏場の日差しの方が肌を黒くしたり、もしくは赤くしたりする効果が強いじゃん!
紫外線は1年中あるのに何が違うのさ?』

て思っているそこのあなた!
良い質問ですねー


実は紫外線て3つに分類出来るんです。
UVA
UVB
UVC

ここら辺は聞いた事ある人も多いかも!
これも光の波長の違いなんですね。

UVCはオゾン層で吸収されるので地表には届きません。
問題はUVAとUVB

この2つのうち、肌が赤くなったりする急激な日焼けをもたらす(いわゆる火傷)のはUVB。
冬になるとUVBの量は、夏のピーク時と比べ1/4程度まで少なくなります。
このため、冬には夏のようにひどい日焼けをすることはあまりありません。

気をつけたいのが、UVA。
長期的に肌に影響を及ぼし、しみやしわなどの大きな原因となる事が近年の研究でわかってきています。

特に目から吸収されることでメラニン色素を増やし長期的に見て肌を黒くする効果も報告されています。



つまり、何が言いたいのかと言うと......


YOU達、冬でもUVカット付きのメガネorサングラスで目を保護しちゃいなYO!

という事( ̄▽ ̄)

 
 
 
 
 
 
  
いま、すっごい良いレンズも出てきてますよ!
詳しくはスタッフまで。


大浦でした。




逗子店 [LENS] 2016-12-12



News&Blog


SHOP


NEW ENTRY

CATEGORY

MONTHLY ARCHIVE