トップ > ニュース&ブログ


ニュース & ブログ (めがねの荒木 衣笠店)

追浜店のブログ衣笠店のブログ逗子店のブログAlenz イオン久里浜店のブログ


[衣笠店] 2018-05-04

度付きサングラス相談!

こんにちは!
めがねの荒木 衣笠店さいとうです(*^_^*)

いよいよ、夏が近づいてきました。
夏前に度付きサングラスはいかがですか。
例えば・・・

こーんなカッコいいサングラスで度付きはいかがでしょうか。
「えっ、でも他のメガネ店で断られたよ!」
そうです。このようなカーブサングラスを度付きにするときには特別な技術が必要です。
当店はその技術があります。
カーブサングラスを度付きにするときまずは視点のずれに気負つけなくてはなりません。

続いて見た目の問題

フレームのカーブと合わないと外れやすくなります。

目とレンズの距離、レンズのそり具合、前傾角度



それを総合的に判断しレンズを注文します。

ご依頼によって、遠近両用や、ミラーレンズもお受けできます。

度付きサングラスのご相談はぜひめがねの荒木 衣笠店にご依頼ください!

お待ちしてま~す。
さいとうでしたヽ(^。^)ノ


衣笠店 [LENS] 2018-05-04



[衣笠店] 2017-09-13

秋の山や観光にもサングラス!

こんにちは!
めがねの荒木さいとうです(*^_^*)
お元気ですか。
秋の観光シーズン到来!
これから気候が良くなり過ごしやすく山登りや各地の観光が楽しくなりますね。
そんな時こそサングラス!
「えっ」と思われるかもしれませんが実は目を刺激する紫外線は夏とそんなに変わりません。
特に山歩きには偏光レンズがオススメです。
例えばこんな道・・・

このような道では明るさと反射を抑えるレンズが必要です。
もし海の上で使うような濃いグレーを山道で使うと・・・

確かに眩しさは抑えられますが山間の道は暗くなり見づらくなります。
そこで明るめのブラウンを使うと・・・

とても見やすく明るくなるのと同時に眩しさも抑えてくれています。
このほかにも、曇りの日に明るさを失わず眩しさを抑えてくれるイエローや光量不足の川の反射などに適したレッドなどいろいろあるのでぜひ店頭でご相談ください。


これからの季節、まだまだ偏光レンズは活躍します!
専門知識を持った認定眼鏡士と相談して、快適な視生活を送り
旅行や普段の生活をエンジョイしてください!

ご相談お待ちしてま~す。
さいとうでしたヽ(^。^)ノ


衣笠店 [LENS] 2017-09-13



[衣笠店] 2017-08-09

中近重視の遠近両用。

こんにちは!

突然ですが、皆様。
遠近両用を作ってみたものの、手元やデスク周りが見にくいなあと感じたことはありませんか?

遠近両用を体験されたことのある方は、既にご存じかもしれませんが、
一般的に、遠近両用レンズは、「遠近」とはいうものの、ハーフ&ハーフというわけではなく、
遠くの度数がメインで、レンズの下の方にちょこっと手元が見える部分があり、その間にPCや机周りなど、中間距離が見える部分がある・・・という感じです。
(もちろん、処方の仕方で変わってきますが、おおまかなイメージはそんな感じです)


さらに、ここでいう「遠く」は、人によって感覚が違うと思いますが、
眼鏡店では、大体「3~5m」位の距離を「遠く」と言うことが多いです。
さらに、「1~2m」位が「中間」、「30~60㎝」位を「近く」と表現することが多いです。

でもでも。
確かに、夜の運転をするなら5m先がはっきりくっきり見えた方がいかもしれませんが、
普段、家や職場にいる時はそんなに遠くがハッキリ見えなくてもいいし、
それだったらPCや手元が楽に見えた方がいい!
・・・という人もいますよね。
というか、スマホやPC作業があふれかえっている現代、そういった方の方が多いかもしれません。

PCや手元が楽に見たい方には、中間距離と手元が見やすい「中近」がオススメ。

じゃあ、「中近で!」と言いたいところですが、今まで遠くがよく見えることに慣れていると、
「中近」のあんまり遠くが見えない感覚は慣れにくい人もいるかもしれません。
やっぱりある程度遠くも見たい・・・ああ、人間って我儘な生き物ですね。

遠くもある程度見えて、従来の遠近レンズより手元や中間が見やすいレンズが欲しいよー、ドラ〇もん。

〇び太くん、そんな都合の良いレンズなんて・・・
・・・あるんです!
チャラララッチャラー。(そういえば、最近のドラ〇もんの効果音がわかりません)
「ホヤラックス ウェルナ&シンクロのシティ~~~」

なんだかよくわからない呪文みたいになってしまいましたが、
ここからは真面目に説明したいと思います。


HOYAの新たな累進設計レンズ「Wellna(ウェルナ)」と「Synchro(シンクロ)」は、
お客様の見たいに合わせて3つのタイプが選べます。

その3つと言うのが、

1:遠方が見やすい遠近両用タイプで、アウトドアスポーツやドライブで爽快な視界が得られる「フィールド」

2:中近重視の遠近両用タイプで、ショッピングやビジネスシーンで広く快適な視界が得られる「シティー」

3:室内用タイプで、リビングやデスクワークでの広い視界、タブレットや新聞も見やすい「ルーム」

です。



イメージとしては、「フィールド」は従来の遠近両用タイプ、「ルーム」は中近タイプなのですが、
「シティー」は遠近両用は遠近両用でも「中近重視」の遠近両用。
中近よりも遠くが見えて、従来の遠近よりも中間距離や手元が見やすい設計です。



今まで、遠近だと手元が見にくい、中近だと遠くが見えない・・・とお悩みの方にはオススメのレンズ。
店内でお試し頂くこともできますので、まだ試したことがないという方は、是非一度お試しください♪
お待ちしております!


衣笠店 [LENS] 2017-08-09



[衣笠店] 2017-05-23

ニコン「セブン」体験・相談会

こんにちは!

本日は、ニコンの次世代メガネレンズ「SEVEN(セブン)」のご紹介です。

「SEVEN」は、スタンダードクラスのレンズながら、7つの見え心地をよくするテクノロジーを搭載し、
累進レンズ(遠近・中近・近々)を初めてかける方にも、かけ替える方にも、自然で快適な見え方を実現。



用途に合わせて、遠近両用や、室内快適タイプ(中近)、近用ワイドタイプ(近々)が選べます。

・・・と、ここまでは、今までもハイグレードレンズなどで似た説明を受けたことがあるかもしれません。
ゆがみが少なさや視野の広さは、もちろんよりグレードの高いレンズの方が良いに決まってるのですが、
「欲しいけど、値段が・・・。手が出せない・・・。」ということもあるでしょう。

でも、今回ご紹介したSEVENシリーズは、あくまでスタンダードクラスのレンズなので、
遠近でも2枚1組3万円台~5万円台(H29.5.23現在)と、なかなかのコスパなのです。

「それならちょっと試してみたい!」という方。
只今、めがねの荒木では、「SEVEN体験相談会」を実施中です。
視力測定&体験だけでも大歓迎なので、ぜひお気軽にお申し付けください!

お待ちしております♪


衣笠店 [LENS] 2017-05-23



[衣笠店] 2017-04-17

遠近両用のレンズのお話

こんにちは!
昨日はお出かけ日和でしたが、今日はスッキリしない天気ですね。
寒暖差もあるので、皆さん体調を崩さないようお気を付けくださいね。

さて、今日は、遠近レンズを作り替える時のお話です。

今まで遠近両用を使っていて、「遠くや近くが見にくくなったから、レンズを新しくしようかな~」という場合。

単純に、今まで使っていたレンズと同じレンズで度数を変えると、
「正面はよく見えるけど、横の方が今までよりぼやけるなぁ」とか、
「遠くと新聞はいいけど、パソコンが見にくいなぁ」ということが起こったりします。

理由はいろいろありますが、原因の一つは「加入度(かにゅうど)が増えたことによる、レンズの歪みの増加」が挙げられます。

「加入度とはなんぞや~」というと、
「遠くを見るための度数と、近くを見るための度数の差」なのですが・・・ちょっとわかりにくいですね。

語弊を恐れずに表現すると、「近く用の度数」とか「老眼度数」というと分かりやすいかもしれません。

例えば、出来合いの老眼鏡で、「+1.0」とか「+2.0」という「度の強さ」がありますが、
今まで「+1.0」の老眼鏡で見えていた文字が、老眼が進むと、「+2.0」の老眼鏡じゃないと見えなくなった、ということがありますよね。

同じように、遠近両用レンズでも、今までは遠く用の度数に「+1.0」の度数を足せば手元の文字が見えたけど、
老眼が進んで、遠く用の度数に「+2.0」の度数を足さないと手元の文字が見えない・・・ということが起こります。

しかしながら、悲しいかな、この近く用の度数が増えると、レンズの周辺部の歪み(ボヤケ)が強くなってしまうのです。

そのため、今までと同じレンズでも、度数を上げたことにより、遠方と近方の中心部はハッキリ見えても、視野が狭く感じたり、違和感が強くなったりしてしまうことがあるのです。


でも、「遠くも今まで通り・・・いや、今までよりもハッキリ見たい!でも、手元の文字も見たいし、歪みが増えるのも嫌!」
という場合・・・問題を改善する方法のひとつに、「歪みの少ないレンズを使うこと」があります。

遠近両用のレンズはたくさん種類がありますが、設計によって、歪みの少なさが変わります。
現在使用しているレンズより、歪みの少ないレンズを使えば、度数をUPしたことによる「歪みの増加」や「視野の狭さ」をカバーできるので、同じレンズをそのまま使用するよりも快適に使えます。


ざっくり例えると、同じ度数で作っても、レンズの違いではっきり見える視野がこのぐらい差が出ることもあります。

スタンダードレンズ

ハイグレードレンズ

歪みの少ないレンズを使う以外にも、「遠近両用と中近両用を使い分ける」とか「運転用とPC用の眼鏡を使い分ける」など、目的によってメガネを使い分ける方法もあります。

めがねの荒木では、度数を変えることによるプラスの要素だけでなく、マイナス要素も考慮しながら、お客様の生活スタイルに合ったメガネを提案していますので、ぜひお気軽にご相談下さい!


衣笠店 [LENS] 2017-04-17



News&Blog


SHOP


NEW ENTRY

CATEGORY

MONTHLY ARCHIVE