トップ > ニュース&ブログ



ニュース & ブログ (全店)

追浜店のブログ衣笠店のブログ逗子店のブログAlenz イオン久里浜店のブログ


[Alenz] 2018-07-14

補聴器の基本は。。。

今日もなかなかの真夏日です・・・
本日、久里浜では19:30~20:10まで『久里浜ペリー祭 花火大会』が
催されます☆
浴衣のお客様も多く、今日のイオンはお祭りの空気に包まれています。
営業中なので見たことはありませんが‼
皆様楽しんでいらして下さいね☆


さて、今日のお話はこちら。


補聴器をご検討のお客様からよく頂く、
「補聴器って悪い方の耳につければ良いんだよね?」というお声。
もちろん、ご希望でしたらそのような装用も出来るのですが、
効果を考えるとあまり期待出来ないことがあります。
お人によって違いはありますが、
本来の効果を十分に得るには両耳の装用がオススメです。
特に今日の花火大会のような環境で!!


理由1)耳の負担が減るから楽!
片耳に装用しただけだと、聴こえる方の耳を相手に向けて、
さらに聞き取りに相応の集中を強いられます。
両耳装用ならバランス良く聞こえるので負担が減りますよね。
また必要な音を聞き取りやすいので
にぎやかな場所でも会話が楽になります。

理由2)方向感覚や距離感がつかみやすい!
両耳装用だと聞える範囲が左右に広がるので、
何処から音が来ているのかが分かりやすいです。
車やバイクの接近する方向や距離は、ちゃんと感じ取れた方が良いですよね。




理由3)聞き取り能力の低下を予防する可能性
「聞き取り能力」。馴染みのない言葉ですが、聴力とは違います。
聴力は音を聞き取る力。
聞き取り能力は言葉を聞き分ける力。何の発音だったのかをきちんと認識できる力です。
「あ」といわれたら、発言者の老若男女に関係なく「あ」と分かりますよね。
これが聞き取り能力です。
この聞き取り能力が低下していると、
大きい声で話されたり、
補聴器で音量を十分に補充されていたりしても、
正しく聞き取れないことがあります。



両耳装用の方が片耳装用と比較して補聴器の満足度が高いという研究結果があります。
ご検討の際には必ず比較体験してみて下さいね。



Alenz [きこえの相談室~補聴器~] 2018-07-14



News&Blog


SHOP


NEW ENTRY

CATEGORY

MONTHLY ARCHIVE