トップ > ニュース&ブログ


ニュース & ブログ (全店)

追浜店のブログ衣笠店のブログ逗子店のブログAlenz イオン久里浜店のブログ


[衣笠店] 2018-06-10

補聴器と集音器の違い。

こんにちは!

めがねの荒木 衣笠店さいとうです(*^_^*)
お元気ですか、梅雨入り宣言しましたが、いきなり台風5号です。
梅雨前線が刺激され大雨が予想されています。
皆様気を付けてください。
さあ、梅雨もぶっ飛ぶぐらいの元気を出して「補聴器と集音器の違い」についてお話しさせていただきます。

最初に「集音器」についてお話ししたいと思います。
補聴器は医療機器として国の厳しいチェックを受けています。
それに対して「補聴器もどき」の集音器は医療機器としての規制は何もありません。
その上、販売方法も「対面販売」ではなく「通信販売」によるものが多く、アフターサービスが受けられないのが現状です。
よく目にするのが、「安くて、すぐよく聞こえる!」などの売り文句が書かれた新聞や折込チラシによる通信販売です。
本当にそうでしょうか?

調整も測定もしないで本当によく聞こえるようになるのでしょうか?
ましてや国の厳しいチェックなしで手に入れた商品で耳が痛まないのでしょうか。

実際には耳鼻科の医師にちゃんと診断を受けて認定補聴器技能者と相談して補聴器を作るのが安心です。
補聴器は一人一人にきちっと合わせてその上で「今まで聞こえなかった世界から急に聞こえる世界になる」わけですから当然、騒がしくなります。その騒がしい中から人の声が聞き取れるようになるまで時間がかかります。雑音抑制もありますがなんと言っても自分の耳になじむまで認定補聴器技能者にサポートしてもらうことが一番大切です。

集音器のメリットは
・安い
・電話一本で注文できる
デメリットは
・聞こえが良くなくても音の大きさ以外調整できない。
・ピーピーハウリングしやすい。
・雑音がうるさい。

補聴器のメリットは
・専門店ならではの、補聴器調整に必要な詳しい測定結果に基づいた調整ができる。
・ 対面で、取り扱いの説明が受けられる。
・ 補聴器を使った効果が測定できる。
・ピーピー音を抑える機能がある。
・ 雑音を抑える機能がある。
・ 購入後、聞こえが悪いとき、相談、測定、再調整を何度でもしてもらえる。
デメリットは
・お店に行く必要がある。(めがねの荒木は外販依頼も出来ます。)
・ 測定や調整に時間がかかる。
補聴器を手に入れ、自分の耳になじむまで、手間はかかりますが、医師や補聴器技能者と相談して補聴器を作る方が実際には遥かに早く、自分の「聞こえ」を手に入れることができるのではないでしょうか。

めがねの荒木には認定補聴器技能者が常に在籍しています。
補聴器相談はめがねの荒木まで。
「補聴器相談会実施中!」

めがねの荒木 衣笠店さいとうでしたヽ(^。^)ノ


衣笠店 [きこえの相談室~補聴器~] 2018-06-10



[衣笠店] 2018-05-31

本当は聞こえていない・・・

こんにちは!
めがねの荒木 衣笠店さいとうです(*^_^*)
お元気ですか。
もうすぐ梅雨の季節です。補聴器をご使用の方は是非当店にメンテナンスに来てください。

さて、「聞こえる」とはなんでしょう?
かなり難しいですが人によってかなり受け方が違うと思います。

しかし周りで「聞こえてない」と思っていても本人は補聴器をためらう場合が多く見れます。
ではなぜ、補聴器をためらうのでしょう。

1、聞こえているから今のままでよい。
2、そんなに聞こえは悪くないから助けはいらない。
3、まだ若すぎる。

そんなアンケートがあるそうです。では周りが聞こえていないと思っているのになぜ、聞こえない本人たちは聞こえていると思っているのでしょう。家族に連れられて渋々補聴器相談に来られた方は必ずこう言います。「家族の声は、はっきり聞き取れる。」「テレビはまだ聞こえている。」・・・「えっ」と思われた方、そうなんです。家族は聞こえないと思って連れてきたいるのに矛盾にも本人は家族の声は聞こえると答えます。家族が大きな声で話しかける優しさが「まだ私は大丈夫。」となってしまい、家族が困っていることに気付けないのです。
「そんなに聞こえは悪くない。」と思い、テレビを大ボリュームで聞くことになり、家族が返ってくるとびっくりするほど大きな音でテレビを見ています。

また、耳が聞きづらくなり補聴器を使うのに「若すぎる」と言うことはありません。
聞こえなくて家族や周りの人に迷惑をかけたり、車が来るのが気付けなくて怖い思いをすることに年齢は関係ありません。
公共機関を利用するにあたって「わからない、聞こえない。」では済まされません。
また聞こえない状態で外に出ることは非常に危険です。家族に付き添いをお願いすると家族の負担も増えます。頼むのがだんだん億劫になり、外出が減ります。
これは実際に難聴で苦労された方の実話です。


そう、「聞こえる」と言うことは「行動の自由」を手に入れることなのです!

当店では常に認定補聴器技能者がお店に居るようにしています。
是非、ためらわずに認定補聴器技能者に「聞こえ」について相談してみてはいかがでしょうか。


お待ちしております!

めがねの荒木 衣笠店さいとうでしたヽ(^。^)ノ


衣笠店 [きこえの相談室~補聴器~] 2018-05-31



[Alenz] 2018-05-29

90日間の補聴器トレーニング

こんにちは、Alenz&Co.の彦坂です。
今日は補聴器をご使用頂く上でのトレーニングをご紹介します。

当店では全国的にもまだ珍しい取り組みとして
シグニア(シーメンス)補聴器と共に
「90日間の補聴器トレーニング」を実施しています。
先日、こんなリーフレットを作って頂きました☆


さて、
そもそも“補聴器にトレーニングがいる”と言われたら
大抵の方は驚かれるのではないでしょうか。

「機械なんだから買ってつければ聞こえるんでしょ」って思いますよね?

そのくらい手軽だと本当にいいんですけど、
残念ながらそこまで簡単ではないんです。
なぜか。



殆どの方は、相応の年数をかけて少しずつ聴力が低下しています
(加齢性の難聴)。
これはご自分では中々気づきにくいものです。
聴力の低下とは、
脳に届く音の刺激が弱いものになっていくということなんですね。
加齢性の難聴は、環境や会話から得ている様々な音の大きさが
何十年もかけてだんだん静かになっていく状態とも言えます。


そこに補聴器をつけて、他の方が聞いているのと同じくらいの
音量が補充されると、、、
静かな音環境に慣らされていた脳はどう感じるでしょう。
自分の声がなんだかとても大きく感じられたり、
テーブルで食器の音がいつもより強く感じられたり、
新聞をめくる音もバリバリした音に聞こえたり、といった具合になりますよね。
いろんな音がうるさく感じられることは
容易に想像できるのではないでしょうか。
かといって装着しやすい小さい音量のまま過ごしていると、
十分な効果は得られませんよね。
買ってつければ聞こえる、というものではないんです。
購入後の十分な調整がない限り、使えるようにはならないんですね。



そこで大切なのが脳を徐々に慣らしながら、
適正な音量に向けて段階的な調整を加えていくトレーニングです。

購入後の調整とメンテナンスの大切さはおそらく殆どのお店で
説明を受けられるかと思います。
しかし、耳の機能を最大限に引き出すことを目的に設定して
調整を加えているお店は極めて少ないのが現状です。
「90日間の補聴器トレーニング」は今のきこえの能力を最大限に引き出すためのプログラムになっています。
一見、長い期間に感じられますが、実際の調整回数は多くて8回程度。
半分の期間で、もっと早くに慣れられる方もおいでです。



当店では新しくご購入の方、以前ご購入の方を問わず
「90日間の補聴器トレーニング」を無料でご利用頂けます。
また、他店でご購入の補聴器も¥3,240の調整料で実施しています。
ぜひ、お気軽にご相談下さい。


Alenz [きこえの相談室~補聴器~] 2018-05-29



[Alenz] 2018-05-28

補聴器はチャージでGO!

こんにちは、アレンズ 認定補聴器技能者の彦坂です。
今日は新しく発売された充電式補聴器をご紹介します。

シグニア(旧:シーメンス)補聴器より
“Pure Charge&Go NX"


従来の充電式補聴器よりも
マイクの性能が約8倍に。
装用者の声と周囲の声を識別して
自分の声が響かないように抑えてくれる特許技術が搭載された
装用感に優れた機種です。


最近お客様からのお問い合わせも多い
充電式補聴器。

スマートフォンをはじめ、イヤホンや掃除機まで
充電池を使用した製品はどんどん増えていますが、
補聴器の場合は一体何がメリットなのでしょう?

よく「電池代がかからないから安いのよね?」といった
ご質問を頂くのですが、
正~直、電池代がかからない点はそれほどメリットではありません。。。
ランニングコストまで含めると電池式と費用面で大差はありません
(当店では電池1パックが270円と非常にお求めやすい価格設定になっているのも原因ですが)。


コスト面ではなく、やはりメリットは使いやすさと安心感。


なんといっても、ご使用上の最大のメリットは「手間がかからない」!

補聴器は毎晩乾燥ケースに入れる必要があるのですが、
その際には電池を本体から取り出していただかなければなりません。
納豆の粒とほとんど同じくらいの電池を
毎朝毎晩出し入れするのは思いのほか面倒!
外せない、入れられない、手元から転げ落ちる、などは
初心者の方には大変な負担になります。
これから解放されるのは大きなメリットです。

また、完全なメンテナンスフリーではありませんが、
充電器自体が乾燥機能をもっているので
充電器に置いておくだけで補聴器の湿気による故障を防いでくれます。
置いておいて、付けるだけ。
とっても簡単です。



次に、「故障のしにくさ」。
防水性能に加え、非接触式の充電の為
端子から錆が発生することがまずありません。
強力なIP68防水仕様で、夏の汗や湿気による故障を未然に防いでくれます。

そして、ひときわ安心感があるのが
「電池の残量を心配しなくてよいこと」。

電池式の場合は残量が低下した際にお知らせ音が流れますが、
多くの方が「電池を使用して何日経った」ということを気にして
生活されているのが実際です。
特に毎日ご使用される方の場合、充電式にすることで
この心配からはほぼ解放されるのが良いですね。
また、残量がランプの表示ですぐに分かるのも安心です。


他にもスマートフォンと音声が直接つながる点や、
専用送信機でテレビの音響が直接つながる点、
スマートフォンでの直観的な操作など、
オススメの性能はたくさんありますが、
まずは快適に使えることが一番のメリット。
毎日使うものですから、なるべく簡単に過ごせるものがオススメです。
是非、実物を店頭でお試しになってみて下さいね。


Alenz [きこえの相談室~補聴器~] 2018-05-28



[追浜店] 2018-05-27

補聴器に慣れるコツ!~90日プログラム~

みなさん、こんにちは!
今日の横須賀は、とってもいい天気です。
だんだんと夏っぽい日差しになってきましたね!

今日は補聴器のお話を。

補聴器は、聴力が落ちてしまった方のコミュニケーションをサポートする医療機器です。


使いこなせば、会話も楽になり、テレビや音楽なども良く聞こえる。
つまり、生活を楽しむために役立つ道具です。

しかしながら、「補聴器を作ったけどうまく使えない」「買ってはみたものの、あまり使っていない」というお声が多く聞こえてくるのも事実です。
補聴器は決して安いものでもありません。
何十万とするものを買ったのに、使えていない・・・
そんなもったいないことがあるのでしょうか?

初めての補聴器というのは、「雑音が気になる」とか「思ったより言葉が聴き取りにくい」というご評価を頂く事が、たくさんあります。


それが、多くの方の「補聴器が嫌になる」原因です。

快適な聴こえのためには、補聴器からの“聴こえに合わせた適切な音量”が必要になるのですが、今まで徐々に聞こえが低下して、少しの音しか聞いてこなかったお耳が、いきなり“適切な音量“を聞くと、慣れていないためうるさく感じてしまうのです。

今まで全く意識していなかった車の行き交う音、エアコンの動作音、紙をめくる音、トイレの水を流す音など・・・
普段の生活音が、急に大きくなると煩わしいものです。
また、それを避けるために音量を抑えて設定すると、うるささは軽減できるのですが、言葉の聴き取りが悪くなってしまいます。


でも心配しないでください。
これは補聴器を付け始めた初期調整の時期に、当たり前に起こる事なのです。

めがねの荒木では“適切な音量”で補聴器を使用していただけるよう、慣れやすい小さめの音からまずはつけて頂きます。
これがめがねの荒木独自のプログラムに沿って行う「90日プログラム」です。
使っていただく間に、うるさく感じていた音を、脳が自然な音として対応するようになります。そのころ合いや補聴器を装用したときの効果(聴こえ具合)を確認しながら、90日間をかけて段階的に補聴器の聴こえを目標の大きさに徐々に調整していきます。




そのためには90日の間に、お客様には何回かお店にお越しいただきます。
その都度、補聴器を着けた効果を測り、慣れ具合を確認しながら音の調整をしていきます。

買って終わりではなくて、買ってからがスタート。
それだけ手間のかかるものという事を知らずに買ってしまうと、使わずに終わってしまいます。


無理なく快適に。最適な聴こえを実現するまで、お客様と二人三脚で補聴器を調整するのがめがねの荒木独自の『90日プログラム』なのです。

補聴器をつけて、毎日をもっと生き生きと楽しんで頂けるようにサポートします。


追浜店 [きこえの相談室~補聴器~] 2018-05-27



News&Blog


SHOP


NEW ENTRY

CATEGORY

MONTHLY ARCHIVE